トイレトレーニングはいつから始めてやり方は?必要な理由も

トイレトレーニングはいつから始めてやり方は?必要な理由も 子育ての悩み
スポンサーリンク
スポンサーリンク

子育てをしていて、成長ともに一つの壁に悩まされることがよくあります。

その一つとがオムツを外すためのトイレトレーニング

うちの子はちゃんと出来るのかしら。

 

何歳から始めたらいいのだろうか、やり方はどうしたら…。

そうお悩みのお母さんも多いはず。

そこで、今回は悩めるトイレトレーニングについて、やり方やいつから取り組むのかを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

トイレトレーニングはいつから始めてやり方は?

一般的には、「何歳からトイレトレーニングをしましょう!という決まりは無い」ため、お母さんの判断にはなります。

基本的には1歳から3歳までの間に行い、取り組み始めるのは2歳から2歳半の間が一番多いようです。

 

きっかけは保育園や幼稚園?


2歳から2歳半までに教える人が多いのは、幼稚園や保育園に預ける年齢になる前に覚えさせておきたいという理由が多いです。

施設によっては、トイレトレーニングの有無の確認をし、進捗によって対応してトイレトレーニングをしてくれます。

しかし、親として迷惑をかけたくないという思いと、一人で出来るようになって欲しいという願いがこのような結果につながっています。

 

トイレトレーニングを始めるサインって?

1歳半から2歳にかけて、成長によってある程度受け答えが出来るようになってきます。

 

はな(管理人)
はな(管理人)

子供の成長のサインを見ながら、トイレトレーニングに取り組むか決めていくといいですよ。

  • 子供の成長のサイン
・大人の問いかけに「はい」「いいえ」などの受け答えができる
自分で歩いてトイレに行ける
・抱っこなど、自分の意思表示することができる
おまるや便座に座っていることができる


サインはいくつかありますが、代表的なものをご紹介しました。

はな(管理人)
はな(管理人)

すべて満たす必要はありませんが、自分の意志表示ができて、トイレまで歩けるくらいになれば、そろそろ始めてみようかなと考えても良いと思います。

トイレトレーニングのやり方って?

まず、大人側の準備を意識していくことから始めてみます。

  • 自分のお子さんの、排泄周期を知る

子供のトイレのタイミングがいつかチェックして見て下さい。

2時間おき、3時間おきという感じにある程度決まった時間に確認をすることで、お子さんの排泄するタイミングの前に声をかけれるようになります

はな(管理人)
はな(管理人)

この際に、どのような反応かでトイレトレーニングのステップを進めるかどうか決めていきます。

 

STEP1:排泄をトイレでするという意識づけ

まず、子供には排泄はトイレでするものなんだよ。というのを、意識付けてあげる必要があります。

絵本を使ったり、スマホのアプリや動画サイトを利用し、子供に十分理解させてみてくださいね。

 

STEP2:トイレに誘ってみる

排泄のタイミングが掴めてきたら、排泄するであろう前に、「トイレに行こうか?」など声をかけてみてください。

はな(管理人)
はな(管理人)

ここで、拒否の反応や反応がない場合は排泄はトイレでするんだよ。という意識つけの部分であるSTEP1からまた取り組んでみてください。

STEP3:便座に座らせて様子を見る

トイレに行くことができれば、今度は便座に座らせてみます。

トイレトレーニング用のおまるがあるので、おまるに子供を乗せてみます。

出来たら褒める

ここで排泄が出来るようであれば、充分に褒めてあげてください。

出来なくても、座れたことを褒めてあげれば次回のチャンスにつながります。

トイレトレーニングに成功したら、トレーニングパンツを履いてみて様子を見ながら、おむつ卒業へ向かっていきましょう!

大人が子供にしてあげられること

例えトイレトレーニングを行い、失敗しても咎めず褒めることが子供のためになります。

「ちゃんと言えたね」

「座ってられたね」

など、ポイントポイントで良いので成長をはした部分を褒めるようにしてあげます。

怒鳴ったり、咎めたりする行動をとるとトラウマにもなったりする場合もありますので、注意が必要です。

 

はな(管理人)
はな(管理人)

出来なかったからと言って怒るのではなく、根気よくあたたかく見守ることが大切ですよ。

子供の成長を支えるのは大人の役目ではないでしょうか。

しっかりトイレトレーニングする意味を考えて、接してあげられるように心がけたいですね。

 

スポンサーリンク

何故トイレトレーニングをするの?必要な理由とは

トイレトレーニングをなぜ取り組まないといけないのか?

もちろん、成長に当たり一人でトイレで用を済ますことができるのが目的です。

しかし、大人になった我々は当たり前のようにいくトイレも、どのように行くようになったのかあまり記憶にある人も少ないはず。

なぜトイレトレーニングをしないといけないのか?

この根本的な理由について考えて行きたいと思います。

トイレトレーニングで見につく力とは?

トイレトレーニングで子供は自分がどう感じているのかを理解する力を身につけます。

ただ、トイレで排泄できた。

というだけでなく、排泄したいという体の感覚とそれを言葉で伝える大事な力を手に入れることができるのです。

一番の理由は、最初の方でも述べたように、保育園や幼稚園に行くことをきっかけが理由に多いと考えられます。

場合によってはトイトレを完了していないといけないため、「子供が一人でトイレに行く」という練習をする必要があるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はトイレトレーニングについてご紹介いたしました。

一つ一つステップを踏み、子供の出来たを尊重してあげることをしっかりと頭にいれて、トイレトレーニングをしていくようにししたいですね( *´艸`)

 

 

タイトルとURLをコピーしました