つかまり立ち/つたい歩きはいつ頃?危険なことは?私がやった安全対策は1つ!

その他, 育児

スポンサーリンク

ランキング参加中★応援よろしくお願いいたします。

つかまり立ち/つかまり歩きはいつ頃?危険なことは?私がやった安全対策は1つ!

つかまり立ちやつたい歩きはいつ頃するのでしょうか?赤ちゃんの日々の成長は楽しみの一つ。親としては待ち遠しいですよね?ハイハイもしているしそろそろ?と思う人はいるでしょう。今回はそんなつかまり立ち・つたい歩きについて。危険なことは何がある?私がやった安全対策とは?!

スポンサーリンク

つかまり立ち/つたい歩きの時期とは

つかまり立ち/つかまり歩きはいつ頃?危険なことは?私がやった安全対策は1つ!

皆さん。

子育てはどうでしょうか?

寝不足・体調不良などは、ないですか??

今回は赤ちゃんの つかまり立ちやつたい歩きについてになります。

ハイハイもしているし、そろそろだと思うんだけど・・・。

つかまり立ちをする瞬間を見逃したくないですよね(^^)

だいたいつかまり立ちをするのは生後9か月頃から。

ハイハイをして 足腰がしっかりしてくると、好奇心もプラスされて、 机の物を取ろうとつかまって立つってことがあるかもしれません。

中にはハイハイを飛ばして立つ子もいますが、 発育には問題ないので安心してくださいね。

 

下半身の筋肉がついてくると、足の力も強くなるので目の前にある物に捕まって立とうとする。

不安定ですが「つかまり立ち」の始まりですので、この姿が見られたら気を付けましょう。

最初は尻もちなどをつきますが、 回をなすごとに安定してきます。

そうなれば、いつつたい歩きをしもておかしくないですよ(´艸`*)

しかし、 つかまり立ちも個人差があります。

1歳近くでする子もいるので、しないからといって不安に思ったり焦ったりしないでくださいね。

参考ながら、我が家の子供達は

  • 長男=10カ月ごろ
  • 次男=11カ月ごろ

つかまり立ち/つたい歩きの危険なこととは?

つかまり立ち/つかまり歩きはいつ頃?危険なことは?私がやった安全対策は1つ!

つかまり立ちをし始めた姿が見られたら、考えられる危険なことはどんな内容があるでしょうか?

頭に浮かんだのではないでしょうか?

危険なことは「転倒」すよね。

そう、この時期はまだまだ歩くには不安定な時期。

つかまって歩くにも、 いつ転んでもおかしくない状況。

ちょっと目を離したすきに、つかまり立ちをして転ぶってことが考えられます。

なかなか目が離せられないのでママも困ってしまいますよね。

 注 意 
けど、この時期、ほんとうに 赤ちゃんは好奇心旺盛で何でも興味があって手にしたり、口に加えたりするんですよ。

 

まだ立たないからといって、机の上に大事な物を置いていても、安心とは限らないんです。

舐められたら困る物や赤ちゃんが口にすると危険な物、赤ちゃんの気がひくような物は、 なるべく机の上に置かないようにしましょう。

と、すると 安全対策が必要ですよね。

つかまり立ち/つたい歩きの安全対策とは

つかまり立ち/つかまり歩きはいつ頃?危険なことは?私がやった安全対策は1つ!

赤ちゃんが転倒して、大ケガにならないよう、しっかりと安全対策を取るようにしましょう。

できることなら、傍にいてあげたいけれど、パパがいない時は一人で家事や育児もしないといけませんからね。

どうしても、 赤ちゃんの傍を離れないといけない時がきます。

そんな時は・・・。

安全対策の取り方

1.赤ちゃんが喜んで遊ぶような玩具で一緒に遊んだあと、遊びに集中しだしたタイミングでそっと離れる。

2.その際は、 周りに危険なものや余計な玩具を置かず、片づけておくこと。

3.離れていても、赤ちゃんが視界に入るような場所で用事をすることが大事です。

集中が途切れてしまい、別の物に興味が出だしたら、 代わりの玩具を渡すようにして下さいね。

転倒した時に頭を保護してくれるリュックがあれば便利ですよね。

Amazonだったかな?

そういうCMありましたよね(´艸`*)

つかまり立ち/つたい歩きの私がやった安全対策は1つ!

つかまり立ち/つかまり歩きはいつ頃?危険なことは?私がやった安全対策は1つ!

後頭部を保護するクッション付きリュックもいいですが、 私がやった安全対策はたったの1つ。

『ベビーサークル』を使用する。

 

長男がずりばいをした頃から、ベビーサークルを使用しました。

いつ、つかまり立ちしてもおかしくないですしね。

ポイント

ベビーサークルを立っても物が手に届かないような場所に置き、ベビーサークルには子供の好きな玩具を入れていました。

家事をする時はその中に子供を入れて遊ばせていました。

つかまり立ちをしてからは玩具の量を減らして、転倒した際に玩具で頭をぶつけないように気を付けましょう。

中に入れるのは柔らかい玩具がいいですね。

最初はもちろん、玩具に興味を持つように 一緒に遊んで、楽しんだら傍を離れるようにしていました。

ベビーサークルには知育になるような物

  • 赤ちゃんが 興味を持つような鏡
  • ボタンを押したら音楽が流れるような仕組み。
  • 手でクルクルと 玩具を回せるような物

が設置されているので、機嫌よくそれで遊んでいましたよ。

よく何回もボタンを押して音楽を鳴らすので、「めっちゃうるさっ!」てなってました(笑)

注 意
しかし、安全対策をしているからといって、 赤ちゃんが1階にいるのに2階で家事をしたりはしないようにしました。

 

何が起きるか分からないので、洗濯物は1階の庭に干すようにして、

雨の時は部屋干しでも1階を利用したり(しっかり安全対策をして)、2階の部屋に干しても、お昼寝の時にしまいにいったりとか、私の目が離れないようにしていました。

幸いにも家の構造が1階は視覚になる部分が少なく、キッチンで洗い物をしていても、部屋の様子は見渡せるので、助かりました(>_<)

皆さんも、つかまり立ち・つかまり歩きをしだすと、目がますます離せませんが、安全対策を取るようにして、赤ちゃんを守って下さいね。

 

 

スポンサーリンク

その他, 育児

Posted by hanacoomyu