今日から実践するための怒らない育児について【意味を知る/やり方を知る】

その他, 育児

スポンサーリンク

ランキング参加中★応援よろしくお願いいたします。

今日から実践するための怒らない育児について【意味を知る/やり方を知る】

我が家は長男が5歳、次男が4歳。今だから思う。怒らない育児って何だろう?って。今だったらできるかも?!って。そう今だから・・・。でもどうすれば?そんな悩みを一緒に解決しましょう!今日から実践するための怒らない育児について、意味を知り、やり方を知り、さぁ実践だ!

ミュー、やめていたい!

もう怒らんといて!!

ええ??

皆さん、こんにちは。

子育ては順調でしょうか?

私が長男を出産した時、怒らない育児が世間では騒がれていました。
当時私は勘違いをしていましたが、皆さんは怒らない育児の意味をご存知ですか?

今回は怒らない育児の内容についてお話ししたいと思います。

なぜ、今回これを調べようと思ったかというと、次男もだいぶ大きくなり、子育ても落ち着いてきたからです。

今なら怒らない育児ができるのではないかと思い、今だからこそやってみようと思いました。

その後の結果もご紹介します(*^_^*)

しかし、怒らない育児って一体何だろう?

スポンサーリンク

怒らない育児について意味を知る

今日から実践するための怒らない育児について【意味を知る/やり方を知る】

皆さん、怒らない育児と聞いて、どのような育児だと思いますか?

悪いことをしている子供に対して、 何も注意せず放っておくことだと思っていませんか?

「私、怒らない育児だから」と言って、子供に注意せずにスマホをみたり、ママ友と話していてはいけません。それは只の放置です(^_^;)

周りの人に迷惑が掛かるし、そうやって放っておかれた 子供はママに注目してもらうために、さらに過激な行動をとるかもしれません。


自分にいつか返ってきますので注意が必要ですよ(*^_^*)
まぁ~正直、私もそのように勘違いしそうになりましたが(;^ω^)

「じゃあ、怒らない育児って何よ?」って疑問に思いますよね。

では、解説しましょう!

怒らない = 感情的にならない


ということ。

下記は私が以前書いた記事の内容です。

怒られた時の子供の態度は違う?!笑う子供に注意!笑う3つの理由と対処は?

 

その中にも書きましたが、 怒りは感情からきます。

仕事があるのに、

  • 子供が保育園の用意を全然しない。
  • 服を着てくれない。

時間がないのに・・・・・って思ったとき。

どのような感情になりますか?怒りですよね?

そうすると、 子供を怒ってしまう。

気持ちはわかりますけどね(^_^;)
経験済なので。

では、どう子供に接するといいのかというと?

ポイント

怒るのではなく叱るということ。

”叱る”とは「子供のために注意をする」ことです。

例えば保育園を浮かべてみて下さい。
先生は子供に対してどのような姿勢でしょうか?

え?大きい声出して怒ってる??

その先生ではないです(゜-゜)

あ、あっちの先生を・・・。

  • 廊下の隅や教室の隅で、一人の子に対して静かに注意していませんか?
  • 正しい道に導くために、静かに諭していませんか?

そう!それです!!

私もそれがしたいのです!!

今だからできると思うんです( *´艸`)

怒らない育児についてやり方を知る

今日から実践するための怒らない育児について【意味を知る/やり方を知る】

怒らない育児とは「怒らず叱る」ということ。

怒らないということは、感情的にならないというのはわかっていますが、では子供に対してどのように叱ればいいのでしょうか?

下記を参考に子供の叱り方を見てみよう(^^)/

子供の叱り方≫
  • 叱る時は行為に対して注意する。

行為とは 危険な行動をした時や友達や周りにいる人の 迷惑な行動をとった時。

そして、その行為を起こした時に叱る。

  • 子供の目を見て、声のトーンは抑えて、静かに注意をする。

※使う言葉も重要になります。

決して暴言、罵倒するような言葉は使わない。

「きっぱりとした口調と態度で示しめす。」
これが大事になってきます。

どうでしょうか?

皆さんはできそうですか?

 

はなのちょこっとアドバイス!

先ほど紹介した記事(怒られて笑う子供に注意)にも書いているのですが、「ダメ」「こら」という言葉を使うのではなく、何故してはいけないのか理由を伝え「○○しようね」とどうすればいいのかを教えるといいですよ。

 

「走ったらダメ!」ではなく「走ったら人にぶつかったり、怪我するから歩こうね」って(*^_^*)

具体的に言う方がいいんですね。

今だから思う怒らない育児を実践してみよう!

今日から実践するための怒らない育児について【意味を知る/やり方を知る】

怒らない育児は 「叱る育児」

上手な叱り方は「理由を明確にし、どう次に行動したらいいかを伝えること」でした。

そしてなぜ、そもそも私が”今だから”強調しているかというと、冒頭でも言いましたが、子育てが落ち着いてきたからです。

正直言うと、親の言うことがまだ理解できない年齢、ましてや 自我が芽生えてイヤイヤ期に突入していたら感情的にならざるを得ません。

どうしようもないんですもん。

いろいろ対応はしてみるものの、必ず怒る場面はでてくる。

そんな時に「怒らない育児」を意識していると、かえってストレスになるだろうと、 敢えてそういう言葉は見ないようにしていました(^_^;)

仕事との両立、家事との両立、それらをこなそうと思うと 心に余裕はありません。

今だから、心にゆとりが出てきたから、できるかも?!って思うようになりました。

皆さんも、気になってこの記事を見て下さっていることと思います。

今の状況を改めて考えてみるとどうでしょうか?

できそうですか?

無理なら無理しなくていいと思います。

子供の自尊心を傷つけてしまうような怒り方はいけませんが、怒って感情的になってるって思ったら、子供に謝りましょう!

私も何度も自己嫌悪に陥って泣きそうになっていましたが、あの時は必死だったんだな~って思います。

だからといって、子供たちに愛情がないわけではない

それは子供たちに充分、伝わっているようで、長男は今でも「大好き」って言ってきます(*^_^*)

私みたいに 心に余裕があるのであれば、「怒らない育児」を実践してみよう!

あまりにも怒る人は「感情のコントロール」を心がけてみましょう!

検索すると 「感情のコントロールができる人の共通するポイント」とかありますよ(*^_^*)

さぁ、私も「怒らない育児」を実践だ!

怒らない育児のその後追記2019.8

怒らない育児を意気込んで取り組むと言ってから数カ月。

私の現在は?

もともとの性格もあり、やはり感情的になることもあります( ̄▽ ̄;)

でも、そういう時はやはり「疲れている」「時間に余裕がない」時です。

それ以外は諭すようにしています。

長男に対しても次男に対しても、「○○すると痛いからかわいそう」とか「○○するよりこうしたら?」とか言うようにしています。

長男は口答えをして腹が立つこともありますが、怒らず言い聞かせるようにしています。

 

子供達に怒らないように意識するには、まずなぜ子供達がこれをしたのか」を考えるようにしました。
理由を考えてから叱るようにすると、怒らない育児ができると気づきました。

皆さんも実践して見て下さいね。

 

 

スポンサーリンク

その他, 育児

Posted by hanacoomyu