パクパク期:離乳食はどんな感じ?最終ステップを頑張ろう!

その他

スポンサーリンク

ランキング参加中★応援よろしくお願いいたします。

パクパク期:離乳食はどんな感じ?最終ステップを頑張ろう!

 

いよいよ離乳食も最終段階!カミカミ期:ステップ4です。ステップアップの内容は?離乳食はどのようなものにすればいいの?もちろん進め方もご紹介しましょう!幼児食まであともう少しですが、ここでも焦りは禁物ですよ?一進一退がありますので(;´・ω・)

スポンサーリンク

パクパク期に進むためには?

パクパク期:離乳食はどんな感じ?最終ステップを頑張ろう!

これまでの離乳食の進み具合はどうでしたか?

順調でしたか?それとも離乳食イヤイヤ期がありましたか?

ここまで来るのに色々とあったと思います。

なかなか 食べてくれなかったり、 愚図って進まなかったり、しまいにはステップを前の段階に戻すなどしたのでは?

はい。

それ、私がそうでした(^▽^;)

しかし、離乳食もカミカミ期までくれば、あともう少し、頑張ろうという気持ちが強かったです。

そもそも、カミカミ期にステップアップするのは赤ちゃんが 離乳食を1日3回しっかりと食べられるようになってからになります。

カミカミ期前のポイント

カミカミ期:ステップ4にもなると 1日3回の離乳食に加え「おやつ」を取り入れるようになります。

1日の4分の3の栄養をこれらから得るようになるのです。

※生活リズムを整えてしっかり1日3回の離乳食を定着させましょう。

カミカミ期スタート!ポイントは?

パクパク期:離乳食はどんな感じ?最終ステップを頑張ろう!

1日3回の離乳食が定着し、 咀嚼の基礎=口の動かし方が上手になればステップ4スタート!

ですが、いきなりは赤ちゃんもしんどいです。

まずは食べなれたメニューを作りましょう。

それ プラス1品をステップ4のメニューに するといいですね☆

そして様子をみながら、 少しずつステップ4のメニューに移行していきます。

カミカミ期:ステップ4の頃には赤ちゃんも1歳を迎えていることでしょう。

だいたい1歳から1歳半までをカミカミ期とします。

カミカミ期のポイント

・朝食とおやつの時間を決める。

・生活リズムを作る。

ポイントにあるように、生活リズムを作るためにはまず、朝食をしっかり食べましょう!

3回食の時間は午前7時半・12時・午後6時を目安にします。

私の場合は30分ほど早くずらしてあげていました。

旦那の夜勤の具合もあったので(^^)

大人もそうですが、朝はエネルギー源となるものを食べますよね。

赤ちゃんにも 脳や体のエネルギーとなるようなパン・ごはんなどの炭水化物を食べさせます。

そうすると午前中は エネルギー満タン!

活発に過ごすことができます。

早寝早起きに繋がっていきますよ☆

うんちもスムーズに出るようになれば、さらに生活リズムが整いやすいですよね。

・はなの生活リズムの目安・

◎長男のうんちはだいたい午前が多かったので、午前中は注意しながら行動していました。

次男はだいたい夕方のうんちなので、午前に運動をいっぱいさせて、午後の散歩を早く切り上げるなどしていました。

 

カミカミ期:前半の進め方は?

パクパク期:離乳食はどんな感じ?最終ステップを頑張ろう!

カミカミ期では先ほども言いましたが、第四の食事として「おやつ」を取り入れるようになります。

なぜなら赤ちゃんは一度に多くのエネルギーを取ることができないから。

朝と昼の間に エネルギー補給が必要になってくるんです。

エネルギー補給になるので、おやつは炭水化物「ごはん・ぱん・めん」などを食べさせてあげて下さいね。

プラス、 果物や牛乳などを添える といいですよ。

ポイント

食事に影響しない程度の量を1日に2回まで食べさせることが大事。

離乳食には手づかみ食べとなるような物やスプーンを持たせて赤ちゃんの欲求を満たして与えましょう。

遊び食べしているようで、 自分でなんでも試したいという表れです。

注意=

食べる意欲に繋がっていきますので、赤ちゃんが食べ物を握りつぶしたり、口に出し入れしていたとしても怒らないであげて下さいね。

怒ると赤ちゃんのテンションも下がってしまいます(´;ω;`)

この頃の赤ちゃんは栄養の80%を離乳食から取るようになります。

離乳食をしっかり食べられるなら、 徐々に食後の授乳を減らして いきましょう。

授乳の代わりに牛乳を飲ませるようにします。

1日の量は200~300mlを目安に。

コップ飲みにもトライですよ( *´艸`)

カミカミ期:後半の進め方は?

パクパク期:離乳食はどんな感じ?最終ステップを頑張ろう!

カミカミ期をスタートしてから3カ月経ったころ、 前歯でかじり取る練習 をさせていきます。

前歯が生え、奥歯も生えはじめるころになります。

前歯でひと口の量をかじり取り、歯茎でつぶす という動きができるようになります。

歯を使った咀嚼ですね。

しかし、まだ奥歯は生えそろっていないし、かむ力も弱いので固い物や食べにくい形状の物は避けましょう。

固さは肉団子程度の物を与え、 手づかみ食べの物や色々な形・大きさでかむ練習をさせてあげてくださいね☆

手づかみ食べに十分に慣れて、 目・手・口を使った食べ方の経験を積んだら、 いよいよ赤ちゃんのスプーン食べの練習です。

ひと口の量をスプーンに乗せて食べるので、 ”ひと口で食べる”という練習になるんですよ。

しかし、奥歯が生え始め、噛んで食べられるようになると、虫歯予防が必要になっていきます。

食事の後は湯冷ましやお茶を飲ませて、口の中をきれいにしてあげましょう。

そして 歯磨きの習慣づけ をしてくださいね。

これ大事です!

歯ブラシに慣れていないと、いざ歯磨きをする時、嫌がります!

無理やりさせるのもすっごく大変だし、 子供がトラウマになる可能性もあります。

子供の頃の虫歯は親の責任になってしまいます(゚Д゚;)

って、歯科で働いている友達に言われた(^^;)

そして大事なことは、家族で楽しい食卓を心掛けましょう!

赤ちゃんの離乳食の進み具合によっては、イライラしたり不安に思うことが出てきますが、

元気がよく、体重も極端に減ったりせず順調に増えているようなら大丈夫。

『遊び食べ』『食べムラ』は 成長のひとつ ととらえてリラックス。

家族で楽しく食事をとれば、自然と赤ちゃんもご飯を食べてくれることでしょう。

 

スポンサーリンク

その他

Posted by hanacoomyu