男の子の子育てに父親は必要!6歳は自信を育てる

その他, 育児

スポンサーリンク

ランキング参加中★応援よろしくお願いいたします。

男の子の子育てに父親は必要!6歳は自信を育てる。

男の子の一生を決める子育ての6歳は自信を育てることです。それには父親の育児参加が必須。父親が育児参加をすると、男の子は見違えるほど伸びます!!どのように育児参加するのか、その方法や6歳の自信の育て方を紹介します。将来、自分で生き抜く力を身に着けるために両親の子育て方法が大切。

 

ねぇ。お父さん。クー(長男)ももう6歳だけど、大丈夫かな?

何が?そんなに心配しなくても大丈夫だよ。親が子供を信じることも大切だよ。

そうだよね。

 

皆さんこんにちは。

「はな子育て頑張ってます!」のはなです。

皆さんのお子さんはどのように育っていますか?

やる気に満ちて、自分に自信が持てて、自立心も好奇心もありますか??

男の子の一生をきめるのは0歳から6歳までに1歳ずつポイントを抑えるのが大切です。

これは「竹内エリカさん著書:男の子の一生を決める0歳から6歳までの育て方」に書いています。

今回は6歳の男の子の育て方。ポイントは『自信を育てる』。

それには父親との関わりが必要になってきますので、お父さんとの関わりは4歳頃から必須になりますよ!コミュニケーション、取れていますか?

✔:6歳の男の子の自信を育てる方法
✔:お父さんの役割

をベースにお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

男の子の子育て:これまでと「これから」

男の子の子育てに父親は必要!6歳は自信を育てる。

私は「竹内エリカさんの著書」を参考に子育てをしてきましたが、なんせワンオペが多く、なかなか取り組めていません( ̄▽ ̄;)途中でそれに気づき、取り組むようにしましたが、長男はわがままで自分勝手な部分も出てきます。

0歳から5歳のポイントを下記でご紹介しますが、長男は3歳以降一年遅れの取り組みを併用しています(;・∀・)それで大丈夫なのか分かりませんが・・・。

 

【0歳から5歳までの男の子の育て方】

★:0歳=『好奇心を育てる』
★:1歳=『やる気を育てる』
★:2歳=『集中力を育てる』
★:3歳=『自立心を育てる』
★:4歳=『我慢する心を育てる』
★:5歳=『思いやりを育てる』

 

以上が5歳までの取り組みです。そして 6歳は『自信を育てる』ですね。

ポイント

この7つのポイントを抑えることで、お子さんは「学ぶ力」「社会に生き抜く力」を身に着けることができると著書に書かれています。

皆さんもお子さんには「自分で目標を持って何事も取り組んでほしい」「世の中を取り巻く社会に負けず、力強く生き抜いてほしい」と思いませんか?

先ほども言いましたが、 4歳以降は父親との関わりも大切になっていきます。何故なら、子供はお父さんに認めて欲しいから。

6歳の男の子もそうです。お父さんとの関わりで自信が持てる子供になるんですよ!是非ともお子さんと関わってくださいね?

男の子の子育て:6歳の子供に父親は必要

男の子の子育てに父親は必要!6歳は自信を育てる。

何度も言いますが、男の子は父親との関わりが大切です。

子供にどのようにいい影響を与えるかと言うと 『自信がより強くなる』ということ。では、どのように子供と接するといいのか。

それは、子供に関心を持つことです。

なかなか家にいないお父さんだからこそ、子供に関心を持って子供を認めてあげて下さいね。

【子供に関心を持っている例】

・「あれ?身長が伸びた??」
・「沢山食べるな~。大きくなるよ。」
・「沢山勉強して偉いね。何の勉強をしているの??」
・「髪の毛切った?かっこよくなったね。」

など、 子供自身に興味を持って話しかけて下さい。

褒める必要はなく、子供がしたこと子供の変化に気づいて素直に思ったことを言うだけでオッケーです。その言葉が「お父さんが自分のことを気にかけている」「いつも見てくれている」と子供が受け取るメッセージになるんですね。

モチベーションも上がり、自分にもっと自信が持てるようになります。

著書には自信が持てるようになると書かれていますが、他にもネットで大切な情報を目にしましたのでご紹介しますね。

男の子にとって父親の役割とは

著書には「自信がより強くなる」ということしか書かれていませんが、他にも”父親の役割で大切なことってあるのでは?”と思い調査してみると、出てきました。

調査結果は次の通り。お父さんが子供と関わるとこんな影響がありますよ( *´艸`)

【成長期に父親と交流をすると】

  • 非行に走らない
  • 成績が優秀である
  • 人間関係が良好
  • チャレンジ精神が高くなる

と、父親と交流がよりある子供にいい影響を与えることを、英の研究チームの分析結果に出ています。将来的にも 自分の能力を発揮し、幸せな家庭を気付ける傾向にあるとのこと。

そして、幼児期に父親と関わると『自尊心が高く・何事にも屈しない強い精神力が持てる』と米国の心理学者の調査結果に出ています。的を絞って6歳で言うと自信がより強い子供になるということです。

さらに、一緒に何かに挑戦したり、約束やルールを父親が教えることで、より男の子はたくましく成長していきます。

ポイント

【お父さんの関わり】

★:挑戦する楽しみを教え、一人で頑張れるように応援する。
★:約束を守ること・ルールを教えることで子供の社会適合能力を育てて下さい。
★:普段から会話をよくしていると、言語能力も高まります。

子供が間違ったことをした時、まず母親が躾役になりますが、それでも治まらない時は父親の出番。「お父さんは怒ると怖い」という存在になってくださいね。父親との関わりが深ければ深いほど、子供は自信を持てるようになります。

このようにとても父親の存在が大切なことが分かりますよね。

父親の役割のポイント
  • 6歳の男の子にとって父親は認めてもらいたい存在。
  • 成長期の関わりで自分の能力を発揮し、何事にも屈しない強い精神力が持てるようになる。
  • 父親が約束やルールを教えることで社会適合能力が高まる。
  • 会話を普段からよくし、知らない言葉を教えることで言語能力が高まる。
  • 父親の関心が男の子の自信を強める。

男の子の子育て:6歳の自信はどこから?

男の子の子育てに父親は必要!6歳は自信を育てる。

自分の子が自信のある子供だと判断できる言葉があります。

「あなたは誰に愛されていますか?」

これを子供に聞いてみてください。すると、何人の名前が出てきますか??できるだけ多くの人の名前がでてくると、 それだけ自分に自信があるということです。

子供の会話で名前が挙がっていないパパさん。それだけ子供に愛情が伝わっていないということになります。ちょっとショックかもしれませんが、愛情を子供に伝えて下さいね。

「ママは怒るからボクのこと嫌いなんだ」と言われたママさん。泣きそうになるかもしれませんが、グッとこらえましょう!そして「怒るのは○○のことを好きだからだよ。良い子になって欲しくて怒るんだよ」と伝えて下さいね。

気になるのは自信が持てていない子供です。

どのように自信を育てたらいいのでしょうか。

 

お父さんの存在がより強い自信を持てる要素になりますが、自信の育て方はお母さんの出番ですよ!

あなたは誰に愛されていますか?長男の結果報告

育児書を読んでから「あなたは誰に愛されていますか?」と長男にずっと聞いてみたかったのですが、なかなか勇気が持てず聞けませんでした。

お母さんの名前が出なかったらショックですからね(>_<)

ところが、つい先日勇気を出して長男に聞いてみました。

「あなたは誰に愛されていますか?」

最初、意味が理解できなかったのですが詳しく説明すると、返ってきた言葉は下記のとおりです。

そんなん決まってるやん!
まず○○先生やろ、●●先生に●ちゃん、●ちゃん、○○ちゃん・・・。

すっごい出てくるな(笑)

しかも「決まってるやん!」ってすごい自信ですよね(^▽^;)
しかし、お母さんやお父さんなど身内の名前は出てこず。

「いや、お母さんは?」と聞くと、はっとした顔をして「あっ、忘れとった~。(*´σー`)エヘヘ~」とネガティブな感じではなく、身内以外で愛されている人を答えてくれたようでした。

お友達の名前は女の子ばかり、愛=好き=女の子と思ったんでしょうね。

6人は上がっていました。
その後、男の子を聞くとざっと3人以上すらっと出てきていました。

長男がいかに自分に自信があるのか、いかに長男が皆に愛されているのかが分かりました(´艸`*)

男の子の子育て:6歳の自信を育てる

男の子の子育てに父親は必要!6歳は自信を育てる。

自分の子供に自信を持たせたいなら、どうしたらいいのか。

実は簡単なことなんです。それは「信じること」。

え?それだけ??

そう思いますよね?でもこれすごく大切なことですよ。

何故なら、子供にとって 母親は近い存在です。

お父さんよりも関わりがある 母親の言葉は子供にとって勇気に繋がる。

「大丈夫。○○ならできるよ。」
その一言で子供はできるようになるんです。

では、逆にお母さんが「○○には無理だよ」と言ってしまうと、どうなるかは一目瞭然ですよね?消極的になりますます自信が持てなくなります。

お母さんが心配するあまり、失敗しそうなところで手助けをすると・・・?子供はどう思いますか?「僕にはできないんだ」と思いますよね。お母さんが子供を信じない行為を取ることで成長の速度も遅くなります。

なので、信じてあげて下さい。

ポイント

お母さんが 子供を信頼し、応援することで子供の成長速度は速くなります。できないこともできるようになります。

 

「絶対できる。」「大丈夫。できるからやってごらん。」 お母さんの一言で、子供は自信を持てるようになりますよ★

 

 

【我が家の実際にあった話】

長男は6歳です。先日、長男がわがままを言いました。朝食が自分の好みではないので食べないと言ったのです。私は「食べないんなら、食べなくていいよ?でも他に食べるものはない」と言いました。

 

もちろん長男は訴えます「おやつは?」「○○は?」と。「おやつはご飯ではありません。○○は家にはありません。」と答えました。すると、泣きながら「食べるものがない」と訴えます。「だから、これを食べたら?食べないんだったら知らないよ。自分でしたら?」と言いました。

 

長男は自分の好きなウインナーを発見。「お母さん、作って?」と泣きながら訴えますが、「お母さんは知りません。食べるのなら自分で作って。」と言いました。「できない」と長男はいいます。

私は「できる!クーは6歳だからできる!!自分でしてみ。」と言いますが、「できない。やり方知らない」と何度も言います。

 

「まず、やってから言って。やってもないのにできないって言わない!絶対できるから。」と何度も応戦。その後、長男は自分でウインナーを茹でて食べました。もちろん私も手伝いましたが(口頭で)、「ほらできた」というと「簡単やった。自分でできたわ。」と誇らしげでした。

 

 

何度もできないと、言ってもお母さんが信じて「できる」と言ってあげることが大切。

母親が信じることで、子供は自信をもてるよ。

6歳の男の子に自信を育てよう!

男の子の子育てに父親は必要!6歳は自信を育てる。

いかがでしょうか?参考の育児書はこちらになります。

お父さんと子供との関係
  • お父さんが子供に関心をもつと、男の子は自信をより強く持つ。

それだけではなく、

  • お父さんが約束・ルールを教えることで社会適合能力も高まり、会話をすることで言語能力も深まる。

つまり、将来的にプラスになる。

6歳:男の子の自信を育てるには
  • お母さんが子供を信じることで、男の子は自信が持てるようになる。
  • お母さんが信頼し、応援することで子供の成長は早くなる。

何よりも、

より沢山の愛情が子供の自信につながる。

最後に著書にはこう書かれています。

『困った時は7秒間抱きしめてみて下さい。』と。

それが子供の感情を落ち着かせ、子供に愛情を伝える行為になる。

そして自信につながる。

社会に生き抜く力は 「自信」「自立心」「我慢」「思いやり」の要素が必要になってきます。子供の自信を育てて下さいね。

 

信じることが大切なんだよね。

お父さんとの関わりも大切なんだな。気を付けないと。

いっぱい関心を持ってね?

スポンサーリンク

その他, 育児

Posted by hanacoomyu