育児本から学ぶ2歳の男の子の子育てとは?集中力を育てよう!

その他, 育児

スポンサーリンク

ランキング参加中★応援よろしくお願いいたします。

育児本から学ぶ2歳の男の子の子育てとは?集中力を育てよう!

魔の2歳児と言われるイヤイヤ期。2歳の男の子にはどんな子育てをすればいいのでしょうか?2歳の子供には集中力をつけさせよう!私が参考にした育児書から学ぶ2歳の男の子の育て方とその方法をご紹介。集中している時は邪魔をしないようにね☆

 

イヤイヤ期めっちゃ苦労したわ(;・∀・)

でも今回はイヤイヤ期の話ではないんだよね?

そう男の子の育て方の話だよ 。

ママもした?

うん!育児本見て頑張ってしたよ~。

スポンサーリンク

2歳の男の子には集中力を育てよう

育児本から学ぶ2歳の男の子の子育てとは?集中力を育てよう!

皆さんこんにちは。

「はな子育て頑張ってます!」のはなです。

2歳の男の子と言えば「イヤイヤ期に突入していて大変だΣ(゚Д゚)」っていう人はいっぱいいますよね。

参考記事はこちら≫

イヤイヤ期の傾向と対策。イヤイヤ期について徹底解説!

 

今回はその イヤイヤ期の話ではなく、2歳の男の子の育て方になります。

私が愛読していました育児本:竹内エリカさん出版の「男の子の一生を決める0歳から6歳までの育て方」を参考にご紹介していきたいと思います。

先に結論を述べると、

2歳の男の子には集中力を育てよう!

これが大切になります。

さて、集中力があるとどんなメリットがあると思いますか?

学力面でもいい影響を与えてくれますよね。

注意力散漫だと、何をするにしも集中が出来ず、作業効率も悪くなるし、勉強に身が入らないですよね。

この集中力の基礎は2歳頃に発達してくるそうです。

これまでの男の子の子育ては

  • 0歳の男の子には 好奇心を与える
  • 1歳の男の子には やる気を与える

でした。

それらが繋がって2歳の集中力になる。

好奇心がないとやる気も起きません、やる気がないと集中もできませんよね。

では2歳の男の子にどのようにして集中力を育てて行けばいいのでしょう?

集中力の育て方

育児本から学ぶ2歳の男の子の子育てとは?集中力を育てよう!

集中することは女の子に比べて男の子は苦手。私も本で知りました。

でも理由は納得できました。

ポイント

男の子は活発に動くことが好きだから。

気になることは次から次へと目を奪われて行動する。

じゃあ、集中力が育たない?!

て思いますよね?大丈夫です。方法は2つあります。

集中力の育て方1:

自然の中で育つ

男の子を自然があるところに連れて行ってみましょう。そこで何ができますか?

✅:虫取り
✅:川遊び
✅:木登り
✅:冒険ごっこ

 

など、自然の中は 男の子が集中できる遊びがいっぱいですよね。

私は兄が2人いるのでよく男の子の遊びをしていました。虫取りもそうです。
バッタを網なしで捕まえることができていたんですよ( ゚Д゚)

バッタを素手で捕ろうと思うと、集中しないとできません。

そうすると集中力が育ちますよね。

男の子は集中すると飽きないんですね☆兄は虫が大好きでした。飽きずにずっと虫取りをしていました。夏休みは虫取りを何時間もしていましたよ(^_^;)

そしてよく、兄弟で忍者ごっこもしていました。忍者の修行です(笑)

テトラポットを掛けたり、登ったり、壁の斜面を駆け抜けたり。集中しないとケガをするような遊びをよくしていました( *´艸`)

「そうは言うけど、いつもいつも外に連れ出せません!」

て、怒られそうですが、大丈夫です。室内でも集中できます( *´艸`)

集中力の育て方2:

室内で集中力を高める

2歳の男の子の遊んでいる姿を見てみよう!何かに集中して遊んでいる時はないですか?

我が家は専らトミカでしたが。トミカでも積み木でもそうですが、観察していると 一人で集中していることがあるんですよね。

車をどこまでも並べてみたり、積み木で何かを作成してみたり。

集中して何かで遊んでいる。

集中力は『知恵や経験の整理』をして伸びるんですね。

なので、ママのサポートの頑張りでもっと集中できる子になりますよ( *´艸`)

【集中力を手助けする会話】

・いっぱい並べられたね?今度は丸く並べてみようか?
・動物園を作ったの?すごいね!もっと大きな動物園を作ってよ。

上記のように子供の発想を広げるように言うと、子供はまた考えて取り組めますよね☆

 

はなのちょこっとメモ

・楽しい
・できた
・理解できた

という、 3つの段階を繰り返すことで集中力は生まれる。

 

集中力の育て方メモ

✅:自然の中に連れて行く
✅:室内では発想のサポートをする

これらに取り組むことで、子供の集中力は育てられる。

集中して遊んでいる時はそっとしておくといいそうだよ。

でも、どういう時にしているか分からないよ?

 

子供が集中している時:見分け方

育児本から学ぶ2歳の男の子の子育てとは?集中力を育てよう!

集中しているかどうか分からないという方に具体的に例を紹介しますね

【集中している例】

✅:同じことを何度も繰り返している
✅:一人の世界に入っている
✅:話すこともなく黙々としている

私は子供達によく一人遊びをさせる習慣をつけていました。その間に家事をしようと思ったからです。

もちろん 安全を確保した上でです。

最初は話しかけてくるんですね。「ママ~みて~」って。

注意)無視はいけません。子供が甘えているので必ず答えてあげて下さいね。

 

見に行くと「これ○○」って自分がしたことの説明をするんです。それが何回かあるんですが、そのうち「ママ見て」がなくなるんですよね。

あれ?寝たかな?って思ったら、トミカで集中して遊んでいる。

兄弟ができてからは集中することは減ったけど、やはり集中すると静かなんですよね。悪いことをしている時も(*’▽’)

その時に声を掛けるとビックリしてしまいますよね。

集中している証拠です( *´艸`)

ポイント

刺激的な遊びではなく、 ブロック・図形パズルなど考えられるような遊びをすることで、集中しやすくなる。

そして、男の子は自分が興味あることしか集中しません。

なので、興味があることを率先してやらせてあげて下さいね。

特に男の子は動くことも大好き。

運動も集中力がつくんですよ! 運動して体が強くなれば心も強くなりますよね。

体の中心部を動かすような運動は走ったり、ボールを投げたり、ボールを蹴ったり子供が好きそうな遊びですよね。

集中を見分けるポイント

・同じことを何度も繰り返す
・一人の世界に入っている
・話すこともなく黙々と何かをしている

ブロックなど考えたり、発想できたりする遊びをすることで、集中しやすくなる。と言うことでしたね★

 

2歳の男の子に教える言葉は

育児本から学ぶ2歳の男の子の子育てとは?集中力を育てよう!

男の子は言葉の発達が遅いと言われていますよね。

長男もかなり遅かった。3歳でも会話っぽくなかったですよ( ̄▽ ̄;)

そんな男の子に2歳の頃は「手伝って」「教えて」という言葉を教えるといいですよ。

困った時にできなくてイライラしてママにお願いしたいけど、どう言えばいいか分からない。「手伝って」などを教えていると、”ママになかなか伝わらずイライラ”ってことが軽減されますよ。

次男にそれを言っていると、お兄ちゃんもいるので言葉も覚えるのが早かった。困ったことがあったらよく「てつだって!」と言っていました。

長男は「できない」だったので何ができないのか分からず、私に伝わらないのでイヤイヤ(魔の2歳児もあって)していました(^_^;)

男の子には感情の表現を教えるとイイということですね。

  • 何かをされた時に「悲しい」
  • 何かが出来なくて「悔しい」
  • できて「うれしい」

と都度、子供の感情を代弁してあげるといいんですね。

そして「そういう時は”手伝って”って言うといいよ。」とか「”一緒にやって”と言うといいよ。」と教えてあげて下さいね。

子供の気持ちを代弁することは大事なんだね。

ぼくに言葉を教えてね。

2歳の男の子:急に止まる遊びをしてみよう

育児本から学ぶ2歳の男の子の子育てとは?集中力を育てよう!

2歳の頃はもうあんよもできて、駆け足で行く子もいますよね。

そういう時に「とまれ」と言って子供に止まることを教えて見て下さい。

【「止まる」ことを教えると?】
走っている途中で止まる・戻ってくるという行動は、自己コントロールの神経の発達にいい影響を与える

これをしていると、我慢や努力・感情を抑えることが可能になってくるんです( *´艸`)そして、活発で動き回っていた子も落ち着くようになります。

なので 「急に止まる」という遊びをしてみて下さいね。

 

例えば≫

広い所で

「走ってと言ったら走ってね。止まれと言ったらピタッとするんだよ」と言ってみましょう。

 

最初は分かりませんが、ママがしていることを真似すると思います。

 

みなさんはEテレの『おかあさんといっしょ』という番組をご存じですか?

体操のお兄さんは変わってしまいましたが、小林よしひささんがやっていた『ブンバボン』にもこれがあるんですよ( ゚Д゚)

 

音楽に合わせて『走って~』と言って子供達と一緒に走ります。『止まって~』と言ってピタッと止まるんですよね。

 

あれをすればいいってことですね( *´艸`)

 

育児本から学ぶ2歳の男の子の育て方

育児本から学ぶ2歳の男の子の子育てとは?集中力を育てよう!

いかがでしょうか?

イヤイヤ期突入しているのにできるのか?!

って不安に思うかもしれませんが、ずっとイヤイヤ言っているわけではありませんので(^_^;)

むしろイヤイヤだからこそ 自然の中で遊ばせるといいかもしれませんね。

自然の中は自分の好奇心をそそられる遊びもいっぱいですし。

すると、集中力を高められますよ。

ポイント

大切なことは男の子の集中を妨げないことでしたね。

もう一度おさらいをしてみましょう。

2歳の男の子の育て方まとめ

✅:2歳の子には集中力を育てる
✅:自然の中や室内ではブロックなどの考えるような遊びをする
✅:遊びでは発想のサポートをしてあげる。
✅:興味のあることしか集中しないということ
✅:運動をさせて集中力と心を鍛える
✅:急に止まる運動をして自己コントロールをつける

これらは育児本のほんの一部ですが、参考にして見て下さいね(*^_^*)

気になる方は本をご購入かな?←毎回いってるんだけど、宣伝じゃないよ。

 

ぼく集中力ある?

クーはあるで~。だから心配してないよ。

ミューは ??

ミューはお兄ちゃんと常に一緒やったからな~。
なかなか機会はなかった。

え~(´;ω;`)

でも、集中している時もあるよ!今でも!!
知恵の本する時はすごく集中してる!

うん!☆

 

スポンサーリンク

その他, 育児

Posted by hanacoomyu