妊婦はお正月太りに気を付けるべき⁈予防方法やもし太ってしまった場合のダイエット方法は

妊婦はお正月太りに気を付けるべき⁈予防方法やもし太ってしまった場合のダイエット方法は 妊娠

お正月は1年の中でも特別な行事の一つで、おめでたい雰囲気の中でつい油断して体重が増えてしまうという人も少なくありません。

正月太りは戻すのが大変なため注意が必要ですが、中でも気を付けなくてはいけないのが妊婦です。

今回は、妊婦の方がお正月に太りやすい理由や効果的な予防法について紹介していきます。

やはり妊娠している場合、過度なダイエットは危険です。

では、どうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

妊婦はお正月が危険?太りがちの原因は?

妊婦はお正月太りに気を付けるべき⁈予防方法やもし太ってしまった場合のダイエット方法は

妊娠をしている女性が、お正月期間中に太りやすい大きな理由の一つが栄養の問題です。

妊娠中の女性は体内に成長中の赤ちゃんがいることで、平常時よりも多めに栄養を補給しなくてはいけません。

単純に自分と赤ちゃんの2人分です。

普段の生活でも栄養補給を理由に無意識のうちに食事の量が増えてしまいますが、お正月はお節やお雑煮など目移りしてしまうほどの美味しい料理が目の前に並んでいることで、ついつい食べ過ぎてしまう人もいます。

これがお正月に妊婦が太りやすくなってしまう原因です。

妊娠していなくても、お正月になると太るのはやはり美味しいものがいっぱいあるからだよね(;^ω^)

妊婦のお正月太りの予防方法4選

妊婦はお正月太りに気を付けるべき⁈予防方法やもし太ってしまった場合のダイエット方法は

妊娠中の正月太りを予防する効果的な方法は4つです。

・食事のバランス
・体温調節
・間食
・運動

 

体重が増えるのが嫌という理由で食事の量を減らす人もいますが、妊婦にとって栄養補給は自分だけでなく胎児のためでもあります。

食べないではなく、太りにくく栄養価の高い物を選んで食べる選択をすることが大切です。

お正月料理の定番とも言えるだて巻きや栗きんとんといったカロリーの高い料理は避けて、レンコンやニンジンなどの煮物系であれば体重の増加を防いで栄養補給ができます。

妊娠中は2人分の栄養が必要なので空腹になりがちです。

その場合は、生姜湯などホット系の飲み物を飲むと一時的にですが空腹感を抑えることができます。
はな(管理人)
はな(管理人)

飲み物で抑えられない時は少しくらいなら間食をしても問題はないですよ。

ただし、間食はお菓子ではなく、果物や豆類など糖質が含まれていない物を選ぶのがポイントです。

お正月はついダラダラしてしまいがちですが、いくら食べる物を選んだり量を調節してもゴロゴロしていれば体重は増えていきます。

適度な運動をすることも体重の予防に必要です。

お腹の赤ちゃんも安定期に入っている場合は、お腹が張らない程度にお散歩をするのもいいかもしれませんね(*^-^*)

妊婦がもしお正月太りした場合、ダイエット方法は?

妊婦はお正月太りに気を付けるべき⁈予防方法やもし太ってしまった場合のダイエット方法は

しかし、気を付けてはいたけれど体重が増えてしまった!

こんな失敗をした場合に最適なダイエット方法をご紹介します。

妊婦が体に負担を掛けずに行える主なダイエット方法は、以下の通り。

・散歩
・ウォーキング
・マタニティービクス
・マタニティースイミング
・マタニティーヨガ

などです。

ただし、これらは妊娠の周期によって取り入れる方法が違います。

妊娠初期から15週

妊娠初期から15週目の人は、激しい運動は胎児や妊婦の体への影響から激しい運動は厳禁です。

そのため、散歩や軽めのウォーキングが最適と言われています。

16週以降から後期

16週目以降の所謂中期~後期は安定期に入っているのでマタニティー系の運動で積極的に体を動かしても問題ありません。(お腹が張りやすい場合は注意が必要)

ただし、いくら安定期に入っていると言っても、ランニングなどの有酸素系は負担が大きくなるのでNGです。

妊婦がお正月太りダイエットをする場合の注意点

妊婦はお正月太りに気を付けるべき⁈予防方法やもし太ってしまった場合のダイエット方法は

正月太りを解消するダイエットを行う上で気を付けなくてはいけないのが、過度な食事制限です。

正月太りの原因でも軽く触れたように、妊婦は自分だけでなく体の中にいる赤ん坊の栄養も補給をしなくてはいけません。

食事制限などの無理なダイエットをすると、赤ん坊に必要な栄養が行き渡らずに成長を妨げてしまうことになります。

はな(管理人)
はな(管理人)

体重の増加は妊娠高血圧症候群を始めとした様々な病気の原因となるので放置をすることはNGですが、赤ん坊の体のことを考えて必要以上に行わないことが大切です。

まとめ

お正月という日常とは違う雰囲気の中でつい暴飲暴食をしてしまう人もいます。

正月太りに限った話ではありませんが、例え数kgでも増えた体重を戻すのは簡単なことではありません。

お正月だからいいか~となどと自分を甘やかさずに、いつも通りの生活を心掛けることが大切です。

ただし、妊婦は自分だけでなくお腹の中に大事な命が宿っていることを忘れずに栄養補給をしてくださいね。

妊婦のお正月太りダイエット【食事編】初期や後期の場合の注意点も!
新年というおめでたい雰囲気の中、つい気が緩み過ぎてお正月料理を食べ過ぎて体重が増えてしまったという女性も多くいます。 妊娠している女性は胎児と2人分の栄養が必要ですが、過剰摂取は体に良くありません。 そこで今回は、お正月太りで増...
タイトルとURLをコピーしました