赤ちゃんの病気/熱2/対処法は?/次男が高熱で?!

その他, ミュー(次男)子育て, 病気, 病気

スポンサーリンク

ランキング参加中★応援よろしくお願いいたします。

赤ちゃんの病気/熱2/対処法は?/次男が高熱で?!

赤ちゃんの病気/熱についてはご紹介しました。受診の目安や熱が出る仕組みは分かりましたが、家庭ではどう対処すればいいのでしょう。さらにミュー(次男)が高熱で?!

スポンサーリンク

赤ちゃんの病気/熱2/対処法は?

赤ちゃんの病気/熱2/対処法は?/次男が高熱で?!

赤ちゃんが熱を出した時、受診の目安はママのカンでした。

生後3か月以上の場合は、緊急性がない時があります。

自宅で様子をみないとダメな時、例えば、夕方から熱が出だして病院受診は明日の朝となる場合は 半日は自宅で看病しないといけませんよね。

ところが、夕方は37.5度の熱だったのに夜中になるにつれて、38度に上がったらどうします?!

慌てますよね。

どこを冷やせばいいの?

厚着にさせた方がいいの??

救急に行くべき?!

何度も言っていますが、私は幼少の頃、高熱など出た時がありません。

なので、何をどうすればいいのか全然分かりませんでした。

熱が出た時の対処法

1.安静

まずは ゆっくりと休ませることが大事です。

赤ちゃんなので熱があっても元気で活発に動いたりするかもしれませんが、あまり動き回るような事はせず、大人しく絵本を見たり、テレビを観たりして、安静に過ごしましょう。

2.冷やす

体温が上がると、赤ちゃんが辛い場合もあります。

水枕や熱冷シートを嫌がることがなければ使用し、熱の辛さをとってあげましょう。

3.温度と湿度管理

冬場は暖房を付けたりしますよね。

部屋が乾燥しないように、こまめに温度と湿度チェックをしましょう。

赤ちゃんが暑そうな時は、温度を下げたり、寒そうな時は温かい温度を保つなど、赤ちゃんの様子に合わせて調整。

※手足が冷たく悪寒がしている時は毛布で温めてあげて下さい。
足が冷たい場合は靴下を履かせて保温するのもいいですね。

※熱が上がり切ったら少し室温を下げます。

4.着替え

熱が上がると汗がいっぱいでることもあります。

そういう場合は こまめに着替えをしましょう。

暑そうにしていると、薄着にする、寒そうな時は厚着など。

※熱が上がり切ると、薄着にして体を冷やす。脇の下、首、足の付け根を冷やすといいです☆

こまめに水分補給も取ってあげて下さいね。

脱水症状になったら大変!

 

解熱剤を使用するタイミングは

解熱剤は38.5度を超えた時ですが、 子供が元気で食欲もある場合、使用する必要はありません。

あくまでも熱を下げて、体を楽にするためのものなので、病気を治す薬ではありません。

ポイント38.5度を超えると、関節痛が出たり、寝苦しかったり・食欲が出ないため、体を楽にすることで睡眠や食事の行為を行うことができます。

そういうために解熱剤を使用しましょう。

私の場合、使用するタイミングが悪かったようで、 解熱剤を使用すると、熱が一度下がり楽になった後、急激に熱が上がってしまう時がありました。

参考✐
元気なのに解熱剤を使用して、急激にまた熱が上がったり、なかなか熱が上がり切らず、かえって治りが遅い気がしました(^▽^;)

タイミングは熱が上がり切った時が良い。
 

子供が高熱で?!

赤ちゃんの病気/熱2/対処法は?/次男が高熱で?!

我が家の次男も高熱が出た時がありました。

そうあれは冬の時期。

ミュー(次男)はまだ1歳と半年。

その日は微熱がありました。

前の日の夜に38度以上の熱があり、朝に小児科に受診し、お薬をもらいました。

その時はインフルの検査はしませんでした。

受診後、自宅で様子をみるという状況でした。

しかし夕方ごろ、様子が急変!

目の焦点が合わず、手足がギューっと固まった感じになっていきます。

はな
「ミュー?!大丈夫!?ミュー!?」

ミューの初めての熱性けいれんです。

クー(長男)もなった時があったのですが、クーの場合は軽かったので。

心臓がドキドキし恐かった。

このままミューが・・・って思うと、急いで救急車を呼びました。

熱性けいれんは3分までは大丈夫と言いますが、そんなの言ってられない!

また起きたら恐いし、すぐに119番通報。

電話が 繋がった時には痙攣は治まっていました。

時間にすると1分もなかったですが、救急車はすでに呼んでいましたので来てくれました。

熱はその時38度以上もあったんです。

状況を説明すると「急に熱が上がったからかもしれないね」と隊員の方が言っていました。

そして

「おそらく大丈夫かもしれないけど、ご主人がいないのなら、病院に行くけど、どうする?心配でしょ?一人で恐いと思うし。」

と優しい言葉を掛けて下さいました。

当時、 パパは夜勤でいなかったのです。

はな
「主人も居ないし、恐いので病院に行ってもらっていいですか?」

と言いました。

クーもまだ2歳半でしたが、その時は一大事と思ったのでしょうね。

空気が読める子なので(^^)

大人しくママの傍にいました。

初めて救急車に乗るので、乗る時は嬉しそうにしていましたが。

そして近くの救急病院へ。

ほんと隊員の方にはとても優しく接してくださいました。

降りる時もクーに「おいで。下したろ。」と手を貸してくださいました。

感謝の言葉を伝え、隊員の方たちと別れ、病院の中へ。

他にも何人かいました。

医師は「熱性けいれんでも、3分までは大丈夫。」と言っていましたが、念のためインフルの検査をしました。

結果は陽性:「インフルA」でした。

びっくりです。まさかインフルとは思わなかったので。

熱性けいれんの 原因は「インフルで急激に熱が上がったから」とのことでした。

 

自宅で様子をみて、その後は 熱性けいれんの心配もない状況でしたが、なかなか咳が治まらず、小児科に行きました。

その時に熱性けいれんの事を話したのですが、 「3分以内でも救急車を呼んだ方がいい」と小児科の先生は言っていました。

何故なら、痙攣が治まったと思っても、隠れて痙攣を起こしている場合もあるとのことでした。

 

救急病院の医師は、 「救急車を呼ぶな。という場合もあるが、そこは気にせず、すぐに救急車を呼んでいいよ」 と言っていました。

確率的にも次また熱性けいれんを起こすのは低いらしいですが、 心に留めておこうと思いました。

と思っていたら、翌年また熱性けいれんを起こしました(;´・ω・)



スポンサーリンク