赤ちゃんの病気/目やに/原因は?病院に行く?次男の場合

その他, ミュー(次男)子育て, 病気, 病気

スポンサーリンク

ランキング参加中★応援よろしくお願いいたします。

赤ちゃんの病気/目やに/原因は?病院に行く?次男の場合

赤ちゃんの病気/ 目やに編。子供の目やに気になりませんか?原因は何だろう?病院に行くべきなのか、様子見でいいのか悩むところですよね。そんな目やについて解説いたしましょう。そして次男にもあった目やに!次男の場合はどうだったかを併せてご紹介しましょう。私の対応は??

スポンサーリンク

赤ちゃんの病気/目やにとは

赤ちゃんの病気/目やに/原因は?病院に行く?次男の場合

ある日、赤ちゃんが寝て起きたらびっくり!Σ(・ω・ノ)ノ!

目やにがいっぱい!

どうした?!

という場面を何度か経験しました。

そもそも目やにって何だ?!

 

目やに
・目やには 目からの分泌物。
ウイルスなどの感染・ごみなどの物理的な刺激ででてくる。

 

大人でも目やにはありますよね?

多少の目やには気にすることないと思います。

が、

量が多くない?!

目が開けられてない?!

頻繁に目やにが出てくる?!

ってこと、赤ちゃんや子供にはあります。

大丈夫なの?

目やにが出る原因

赤ちゃんの病気/目やに/原因は?病院に行く?次男の場合

目には涙腺がありますよね。

涙腺は上瞼の奥に あります。

涙腺から涙は分泌されて、目の表面を潤します。

その後、目頭部分の涙点から吸収され、 涙道という管を通り、鼻の奥へ排泄されます。

上記が涙の大まかな仕組みになります。

目やにも同じメカニズムになりますが、この 排泄が何らかの原因で、上手く行かない時、涙や目やにが大量に分泌され、目立つようになるんですね。

目やにの原因

赤ちゃんの場合、先天性鼻涙管閉塞逆さまつげなどが考えられます。

先天性鼻涙管閉塞とは

・生まれつき涙の通り道が閉じたままになっていて、涙や目やにが滞てしまう。そのことで、涙や目やにが増える。

・しかし、1歳までに自然治癒する子が多い。

※涙嚢炎を合併する場合、生後半年を過ぎても改善しない場合、処置が必要。

 

逆さまつげとは

下まつ毛が目の角膜や結膜に触れて刺激となり、流涙や目やにを引き起こす。

赤ちゃんが成長するにつれて 自然と下まつ毛が外に向くようになり自然治癒する可能性は高い。

経過観察が必要。場合により点眼などの処置がいる。

 

他に結膜炎も考えられます。

結膜炎とは

ウイルスなどの細菌・アレルギー体質などの原因で起こる炎症。
≫細菌性は黄色っぽい目やにが大量に出る。

重症化するアデノウイルスもあるので注意が必要。

目やに/病院に行く?目安は?

赤ちゃんの病気/目やに/原因は?病院に行く?次男の場合

では目やにが出る原因は分かりましたが、やはり病院に行くべきなのでしょうか?

病院に行く時の目安をご紹介。

先天性鼻涙管閉塞が考えられる場合。

・目やにが多い
・いつも目が潤んでいる
・目が充血する

 

病気のサインは上記の通り。

そして、生まれて間もない赤ちゃんが目やにや涙が酷い場合は受診をしましょう。

逆さまつげが考えられる場合。

・目やにや涙が多い
・目をこする動作が目立つ
・すごく眩しがる

 

角膜が傷つくと日差しなどが通常の人より眩しく感じます

明るい所で異常に眩しいと感じている場合は治療が必要なので眼科へ。

結膜炎が考えられる場合。

・目やにが酷い
・白目が充血している
・涙が出る
・まぶたが腫れている

 

先ほども言ったように重症化する可能性もあるので、症状が見られたら受診をしましょう。

上記以外でも少しでも、 おかしいな?と思ったら迷わず受診をしましょう。

目やに/次男ミューの場合

赤ちゃんの病気/目やに/原因は?病院に行く?次男の場合
ミューのお絵かき

ミューも今3歳ですが、赤ちゃんの頃や1歳の冬場にありました。

症状的には結膜炎のような感じでした。

そうあれはミューが1歳の時。

主人の仕事が 冬季休暇に入った頃、ミューは風邪気味でした。

まだ病院受診はせず様子をみて、市販の風邪薬を飲ませていたと思います。

しかし、ある朝、私が先に起きて、ミューを起こすと。

目やにがびっちり!!!

両目にいっぱいで、 目が開けられていない状態。

えーーー!!

となり、濡れた布巾で優しく拭いました。

※目やにを拭う場合、片目ずつ違う面で拭うこと!!
でないと、片目の病気が反対の目にも移る可能性があります。

しかし、 しばらく経つとまた目やにが、、、

それを何度か繰り返しました。

その日は、主人の実家に帰る日で、義父や義母に目やにの事を話しました。

すると義父が、

「目やには目の病気の可能性もあるからな。病院に行ってる方がええん違うか?」

と言うのです。

義母もそれに賛同します。

もう 世間の小児科や眼科は休みです。

義父
「救急はしてるん違うか?」

と調べてくれました。

眼科は次の日にしているよう。

「とりあえず、今日、様子見てみるわ」と話しました。

そんな義父の言葉もあり、心配になり主人と話をして、救急センターに行くことにしました。

大晦日の日、やはり多いですね。

インフルも流行ってる中、移らないかなと、びくびくしながら、救急センターの待合へ。

眼科でも何人か受診をしていましたが、比較的早い段階で呼ばれて診察をすると、

結果は

「軽い結膜炎」

原因はやはり風邪。

風邪のウイルスだろうとのこと。

白目も少し充血しているので、点眼を貰いました。

 

薬ってすごいですね。

一日2回の点眼で、すぐに治りましたよ。

行っててよかった。

助言をしてくれたじぃじに感謝です!

何故なら私は、小さいころ大病やそんなに病院に行ったことがないから、ましてや目やになんて「目くそ」と思っていたので(;´・ω・)

子供ができて知った。

目やにって恐いんですね。

あっ!もちろん、受診をしたことやその結果を義母にすぐ報告し、お礼を言いました(*^▽^*)

↑連絡係はいつも義母なので。

 
 
 

スポンサーリンク