赤ちゃんの首すわり前に起きる事故の内容や注意点は?

赤ちゃんの首すわり前に起きる事故の内容や注意点は? 育児

赤ちゃんが成長する上で、首がすわるのは嬉しいことです。

しかし、首がすわる前に悲しい事故が起きていることがあります。

そこで、今回は首すわり前の事故の起こりやすい事例から、その対策首がすわる時期をまとめて、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの首すわり前に起きる事故の内容

赤ちゃんの首すわり前に起きる事故の内容や注意点は?

大事な自分の子供が、首すわり前の事故あう可能性があるとしたら…。

そんなことは正直避けたい問題です。

ここからは、首すわり前の事故として挙げられる内容の詳細をご紹介していきます。

枕、布団などで息ができない

枕や布団など、柔らかい素材の上で寝かせていた場合に起こってしまう事故です。

まだ首すわり前であると、赤ちゃんはコロコロと寝返りを打つこともあります。

その時に体制として、うつ伏せになることも考えられますよね。

そのうつ伏せ状態になってしまった時に、柔らかい素材の枕や布団に埋もれてしまい、息ができない状態になってしまいます。

赤ちゃんの頭は重いため、埋もれたままで寝返りが困難になる場合があるため、起こりうる事例です。

上から物が落ちてくる

赤ちゃんが寝ている傍の高い場所に物を置いていませんか?

棚にぶつかり上から物が降ってきてケガをする恐れがあります。

軽いものならば、ケガで済むかもしれませんが、重いものであったときは、考えただけでゾッっとしてしまいます。

赤ちゃんを落としてしまう

抱っこしている最中に、手が滑り落としてしまう

そんな悲しい事故の事例もあります。

もちろんこの事故は、大人だけではありません。

ご兄弟がいるようなご家庭では、まだ小さいお兄ちゃんやお姉ちゃんがいることもあります。

そんな、まだ力が弱い子供が赤ちゃんを抱っこし落としてしまった。

というケースもあります。

赤ちゃんの首すわり前の注意点

赤ちゃんの首すわり前に起きる事故の内容や注意点は?

前述した主な首すわり前の事故の原因である

・柔らかい枕や布団
・落下物
・赤ちゃんを落としてしまった

という事故を防ぐため、私達が気にしなければならないポイント・予防策はどのようなものがあるのでしょうか。

布団、枕は硬めのものにする

先述した通り、柔らかい枕や布団を使っているとうまく寝返りが打てず息ができなくなることもあります。

そうした事故が起こらないようにするために、枕や布団は硬いものを用意すると防げる可能性がたかくなります。

はな(管理人)
はな(管理人)

実際に赤ちゃん用の布団は、硬いものが販売されているのが一般的です。

赤ちゃんはデリケートだから、優しく包んであげたい。

そんな気持ちも分かりますが、必ず赤ちゃん用の布団を用意してあげてくださいね。

転がりそうなエリアの物を極力置かない

棚の上はもちろんながら、フロアにもぶつかってケガをしそうなものは、必ず片付けるようにします。

赤ちゃんから目を離さないことも重要ですが、家事やトイレにもいけないのは困ってしまいますので、赤ちゃんがいる部屋は片付けをしてくださいね。

何が起こるかわからないので、極力目を離さないのが重要ではありますが、数分間目を離しても大丈夫なような生活空間作りが最優先といえそうです。

抱っこ紐の着用

子供が産まれて最初の頃は抱っこが出来ていても、成長して重くなったり、抱っこのし過ぎで腱鞘炎になるママさんもいます。

抱っこ紐というと、首が座ってからのイメージがあるかもしれません。

しかし、現在は首すわり前から使える抱っこ紐も存在しています。

肩や首の負担はありますが、手首と腕で支える負担は減るため、抱っこひもの活用も視野に入れるといいかもしれません。

ただし、「抱っこひもの合間から体がすりぬけて落ちてしまう」というケースもありますので、使用には十分い気を付ける必要があります。

 

はな(管理人)
はな(管理人)

もし、小さいお兄ちゃんお姉ちゃんがいるお家は事情をちゃんと説明し、座りながら抱っこなど教えてあげるようにしてくださいね。

 

はな(管理人)
はな(管理人)

私の家も0歳の赤ちゃんがいます。年長と小学2年生の子供たちは抱っこしたいといいますが、首がすわっていない間は、ごめんね。と言って優しくギュっとしてもらっています。

 

赤ちゃんの首すわり時期や見分け方

赤ちゃんの首すわり前に起きる事故の内容や注意点は?

赤ちゃんの首がすわる時期は、一般的には生後3ヶ月~4ヶ月頃といわれています。

赤ちゃんの産まれたばかりは、もちろん筋力が足りないため、自力で重たい頭を支えることができません。

赤ちゃんは成長の過程で、首だけでなく体が発達し、筋力がついてきます。

はな(管理人)
はな(管理人)

一般的に上から順にすわっていくといわれています。つまり、首がすわって腰すわり、そしてハイハイってかんじですね。

筋力が付いてくると、頭を支える首の筋力を使い自力で頭を起こすことができるようになります。

ただ、先程ご紹介した首すわりの時期ですが、赤ちゃんの発達により個人差が大きく現れます。

2ヶ月ほどで、首が座ったという子もいれば、5ヶ月頃で首が座ったなど、千差万別です。

今回ご紹介したのは、あくまで目安ですので、体重増加や成長をみて大きくなっていれば、首の座りだけで心配になる必要はないと考えられます。

この時期には、お母さんの疲れもあり、首が座らないからといって大きな不安になるかもしれませんが、安心してくださいね。

首が座った見極め方

まず赤ちゃんの発達具合を見て、判断することになるのですが、ポイントになるのは以下の3点です。

①頭を自分であげられるか
②うつ伏せした時に頭を上げている
③縦抱きにした時に、自力で頭が支えられている

この中でわかりやすいのは、②と③で普段から赤ちゃんが生活していく中で、見かけることの多いシチュエーションです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、赤ちゃんの首すわり前の事故から、首すわりの時期や見極め方について以下の点をご紹介しました。

・柔らかい枕や布団で窒息する恐れがある
・赤ちゃん用の硬い枕や布団を用意
・落下物に気をつける
・生活スペースに物を置かないようにすることで防げる
・抱っこ中に赤ちゃんを落としてしまうケースも
・首が座るのは一般的には生後3ヶ月~4ヶ月頃

赤ちゃんが成長していく上で、首が座るのは嬉しいことではありますが、事故があるのも事実。

今回ご紹介した内容を参考に、自分でも辛くない育児のスタイルを見つけることも考えていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました