はなの喜怒楽が激しい一日/怒と喜/ミューへ怒りクーへ喜び

喜怒楽ブログ

スポンサーリンク

ランキング参加中★応援よろしくお願いいたします。

はなの喜怒楽が激しい一日/楽/クーのねぇねぇ。

 

今回は怒と喜びの話。ミュー(次男)へ怒ってクー(長男)へ喜びって何だか忙しいなぁ(^▽^;)いったい何があったのでしょうね?

スポンサーリンク

ミューへ怒りクーへ喜び

はなの喜怒楽が激しい一日/怒と喜/ミューへ怒りクーへ喜び

育児ってほんと大変です。

男の子2人はマジ体力がいります。

単純で可愛い所もありますが、全力で相手をしないといけませんので、ママはほんと疲れます。

保育園がある日は日中、子供たちはいませんからね。

全然マシです。

しかし休日はというと、一日一緒ですからね。

ましてや パパがいない日の休日は大変!

今回もそんな時に起こった話です。

ミューの癇癪

ミュー(次男)は3歳です。

だいぶ周りの言っていることが分かってくれる歳にもなりました。

イヤイヤ期もそろそろ終わりかなって思われた頃にそれはやってくる。

パパは夜勤の日でしたが、お昼前から寝るのでほとんど一人育児

お昼も3人で食べました。

クー(長男)は5歳のお兄ちゃんです。

焼きそばを食べると言うので、クーは焼きそば。

ミューはおにぎりが良いとのことで、おにぎり。

そして私はパンを2つほど。

それぞれ違うお昼を食べることになった わけです。

が、ミューが言うんですよね。

「これちょうだい」って(;´・ω・)

クーの焼きそばをご要望。

仕方がないのでお兄ちゃんをしてくれました。「少しだったらいいよ」って。

次に私のパンを見て、「パンたべる」です。

でた!!ってなりますよね(-_-;)

はな
「じゃあ、おにぎりをお兄ちゃんにあげて、お母さんのこっちのパン食べる?」

クー
「おにぎりくれる?そしたらパン食べられるよ??」

ミュー
「うん!いいよ。」

と言い、ミューはお兄ちゃんにおにぎりを渡しました。

そしてひと口・二口・三口と食べて

ミュー
「いらない」

はな
「え?食べないの??」

お兄ちゃんのおにぎりを見て

ミュー
「おにぎりとったらあかん!かえして。ぼくのー!」

はな/クー
「「?!」」

いやいやいや!

何でやねん!

おかしいやん!

さっき、 おにぎりを渡して、パン食べるって言ったよね?!

私もクーもそうやって抗議しました。

しかし、ミューは 置いていたお兄ちゃんのおにぎりを取ってしまいました。

当然、クーは怒りますよね。

自分の分がなくなるから。

パンをあげようにも、食べてしまっているし。

私のパンをあげる?

いやいやいや。あたしの食べる物がなくなるやん?

はな
「それお兄ちゃんのでしょ?!取ったらあかんやん!ミューにはパンあげたでしょ?」

ミュー
「ちがうー。おにぎりぼくの!パンいらん」

はな
「えー??おかしいやん」

クー
「かえしてよ!ミューはパンがあるやん!!焼きそばもあげた!僕の食べる物が少ない。お腹すく」

はな
「ミュー。お兄ちゃんに返しなさい!パンあげたでしょ?何で食べないん??ミューが言ったんやで。」

ミュー
「いやー!おにぎりたべる!!」

泣きだしました。

クーも怒って、おにぎりを取ろうとし

クー
「おにぎりちょうだい!渡さへんのやったら、叩くよ!!」

はな
「叩いたらダメだよ。ちょっと待って」

と言い、 私がミューから奪い取りました。

そして、早くおにぎりを食べてしまいと言って食べさせました。

まぁ~、ギャン泣きしますよね(-_-;)

ミュー
「かえしてーーー!!」

と言いお兄ちゃんにギャン泣き

クー
「じゃあ、半分こな?あとはパンをお兄ちゃんに少しちょうだい?」

ミュー
「ちがうー。ぜんぶーーー。パンいらん!!」

はな
「じゃあ、パンをクーが食べるか?少しかじってしまってるけど」

クー
「分かった。そうするわ」

すると

ミュー
「あかん!!パンぼくのーーー!!」

はな/クー
「「え~~~??」」

もうどうすれば?って感じですよね。

はな
「おかしいやん!!いい加減にし!!おにぎりに焼きそばもパンもは多すぎでしょ!お兄ちゃんにおにぎり渡し!」

と言い、 おにぎりを奪い怒りました。

すると当然

ミュー
「あかんーーーー」

ですよね(-_-;)

そして私の座っている椅子の後ろに回り込み、私の背中を足で押して椅子から落とそうとします。

ちなみにおにぎりはクーに渡しました。

私も必死で抵抗。(え?大人げない??)

しかし、ついに ミューに椅子から蹴落とされました。

クー
「あーーー!ミューが落とした!」

はな
「・・・・。」

私は ダイニングテーブルの下に体が落ち、顔だけヒョッコリ出ている状態。

クーが隣に椅子に座っていたのですが、目線が同じくらいで目が合いました。

私はその姿を第三者視点で思い浮かべると 面白いな。と思って吹き出しました。

パートの仕事をしていた時は きっとキレていた かもしれない。

というか、おにぎりを取った時点ですごく怒っていたかも、今は在宅なのでストレスもなく心に余裕があります。

なのでクーに

はな
「見て!お母さん落とされたで(笑)可笑しくない?クーと一緒の目線やで(笑)」

クー
「(笑)お母さん変なことになっとる(笑)」

はな
「やろ??机の下におるでーーー(笑)」

はな
「見てミュー。お母さん落ちたで(笑)」

と言うと、 ューもちょっと可笑しかったのかニヤっとしていました。

そして、ミューも落ち着いて、おにぎりと私のもう一つのパンを千切って渡し、ミューがかじってない部分のパンをクーが食べました。

クーの優しさ

しかし私のパンを千切ってあげたので、私の食べる量が減ってしまいますよね。

だからポツリと言いました。

はな
「お母さんのお昼少なくなってもたわ」

そうすると、すかさずクーが

クー
「じゃあ、少ないけど僕の焼きそばあげるわ」

と言ってくれます。

優しいですよね(#^^#)

しかし、ほんとにちょっとしか残っておらず、 明らかにかき混ぜまくった後でしたので 「いやいいよ。」と言いました(^^;)

しかし、

はな
「クーはほんとに優しいなぁ。ありがとう。お母さんすごい嬉しい。ミューにもおにぎり半分あげようとしたなぁ。偉いわ~。お兄ちゃんやな」

と、 喜びを素直にクーに伝えました。

ミューには怒りましたが

はな
「ミューも全部、欲しかったんやな?」

と言うと

ミュー
「うん」

と言っていましたので、 理由があって癇癪を起したことが分かったので、子育ては大変だけど面白いなぁと思いました。

まぁー、ほんとに大変なんですけどもね(゚Д゚;)

スポンサーリンク

喜怒楽ブログ

Posted by hanacoomyu