はなの喜怒楽が激しい一日/喜→怒/クーのだって、でも。

喜怒楽ブログ

スポンサーリンク

ランキング参加中★応援よろしくお願いいたします。

はなの喜怒楽が激しい一日/楽/クーのねぇねぇ。

今回は喜びと怒りの話。久しぶりかもしれません(^-^;こんなにイーっとなったのは(笑)クーがどうしたのでしょうね??

スポンサーリンク

クーのだって、でも。

はなの喜怒楽が激しい一日/喜→怒/クーのだって、でも。

クーはすごく頑固です。

一度、思ったら なかなか切り替えられることはできません。

なので、一度癇癪を起すと大変。

キーっとなってしまいます。

私も短気なので、直そうと努力し、ある程度は我慢するのですが、もう無理ですね。

何だろう。

ミューにはないあの感じ。

言い方?考え方??に段々と 「もう!」ってなってしまうんですよ。

その日もそうでした。

クーは賢い子です。

とても 子育てはしやすい子 です。

癇癪さえなければ。

最近は ご褒美シールをしています。

塾を頑張ったり、縄跳びを頑張ったりと、いっぱい頑張っているクーに対してのご褒美シールです。

クーは3歳の時もそうでしたが、ご褒美シールが大好きです。

今でも有効で、頑張ってシールを集めています。

ところが、シールが貰えないとなるとすごく悔しがるのです!

悔しいと思うことは大事なので、そこは大切にしたいと思い、私はこう言います。

はな
「悔しいと思うことはすごく大事なこと。その悔しさをバネに明日はもっと頑張ったらいいやん」と。

しかし、その日はどうも上手く行かない。

クーは「お勉強」「縄跳び」「顔付け」この3つを頑張って、シールを3個貰いたい。

お勉強は塾の宿題です。

これはしたらいい話なので大丈夫◎

縄跳びも最近上手に前とびができるようになってきているので、まぁヨシです。

そして 顔付け。

クーは保育園でスイミングの授業をお願いしていますが、級としては一番下です。

というのも、元々平熱が高いのですが、スイミングの日に限って風邪を引いたり、熱が高かったりするので、休むことが多かった。

なので、 顔付けもなかなかできない。

それをスイミングの参観日で知った私。

よしっ!練習しよう!となって、その日からお風呂で顔付けの練習をしています。

しかし、鼻にお湯が入るのが恐いのか、なかなかできないのです。

その時もそうで、なかなかできません。

はな
「頑張れ!大丈夫!恐くない。息を止めたらお湯は鼻に入らないから。やってごらん?」

と優しく指導。

クー
「無理。恐い。できない。」

弱気なクー。

何とか顔付けしても、6秒で10秒に達しない。

ご褒美シールは10秒です。

このままだとシールが貰えない。

何回か挑戦するも、10秒まで行かない。

9秒のところでストップと惜しいところまでいくのですが。

段々とできない自分に焦りが・・・。

クー
「できひん。恐い。でもシール欲しい」

と言い出します。

はな
「10秒できてないからな~。シールが欲しいなら頑張ってもう一回してみたら?」

と言うのですが、 怖くてできないと一点張り。

仕方がないので「もう止めようか?明日がんばろ?」と言いました。

クー
「シールは?」

はな
「10秒できてないから、ないなぁ~」

クー
「えー?イヤや!!欲しい!!!」

はな
「じゃあ、頑張ろう?もうお風呂入って時間も経つし、早く上がらないと。」

クー
「うーーー。無理ーー。こわい。」

はな
「じゃあ、シールないよ。明日したら?ええやん?悔しいのは分かるけど、その分明日頑張ってシール貰ったらいいやん。」

クー
「いま欲しい。シール3つ欲しい!頑張ったから頂戴!」

挙げたいのは山々ですが、やはりここは10秒と決めているので、ダメなものはダメとしないと、示しがつかないと思い、何度も「10秒してないからあかんな」と言いました。

段々と、悔しすぎて泣きはじめるクー(´;ω;`)

可哀想ですが、仕方がありません。

世の中にはそんなことがいっぱいあります。

5歳といえども、もう5歳。

そろそろ悔しいという気持ちを次に繋げていかないと。と思う私。

説得を試みます。

う~ん。上手く行かない。

次第に 癇癪を起しだしました。

お風呂に上がってもシール頂戴。シール頂戴。悔しい!と何度も同じ言葉を口にします。

はなの喜怒楽が激しい一日/喜→怒/クーのだって、でも。

私は「明日、今日の分頑張ればいいやん」と言いました。

クー
「頑張るって、何を頑張るの?分からない。分からない。」

ギャンギャンと言ってくるのに対して、私も段々とイライラしてきました。

「自分で考えたらいいやん。いくらでもあるやん」と言えば、「何がある言ってみー」挑発的に言ってくるし、

はなの喜怒楽が激しい一日/喜→怒/クーのだって、でも。

「○○すれば?」と言えば「でもそれは難しいからいや」とか、あー言えばこー言う。

イライライライラとしてきた私。

はなの喜怒楽が激しい一日/喜→怒/クーのだって、でも。

はな
「できひんのやったら、シールないだけや!簡単なやつをしても意味がないでしょ?」

と言えば、「欲しい欲しい!!」とギャーギャーです。

はな
「そんなに欲しいなら。いいよ。シール全部貼ってしまい!!」

としまいに言ってしまう私。

かれこれ何十分と経ちますので、その分イライラも溜まるというもの。

しかし 「イヤや!!!だって褒めてもらってないから」とのこと。

なんだそりゃ?

クーの中でのルールがあるのでしょうね(^▽^;)

冷静になれば、喜ばしいことですが、イライラしている私には「何でやねん」です。

仕方がないので、「あれしたら?これしたら?」と言うと 「だって、でも」提案するも全て却下。

はなの喜怒楽が激しい一日/喜→怒/クーのだって、でも。

今度はシール貰うために何をすればいいのか?ギャンギャン言ってきます。

そして早く教えてくれないと、遊ぶ時間もなくなるとか言い出します。

いや。先に遊んだらいいやんと言うも聞かない。

結局、 30分は癇癪を起し、途中、私も無視をしたり、洗濯をした時に部屋の鍵を閉めて対応したりとする間、「ぎゃんぎゃん」と泣いて叫んでいたクー。

しばらくしたあと、「もう明日、絶対貰うからな!!」 と捨て台詞を吐いていました。

悔しいという気持ちは喜ばしいですが、癇癪をされると怒りに変わってしまった出来事でした(^▽^;)

スポンサーリンク

喜怒楽ブログ

Posted by hanacoomyu