【公文】長男5歳|塾の無料体験に行った話/科目は算数!体験の時期や内容をご紹介

その他, クー(長男)の子育て

スポンサーリンク

ランキング参加中★応援よろしくお願いいたします。

長男が5歳になってから、塾の体験を利用してみました。以前から気になっていて、主人と話して公文の無料体験を狙って体験しようとなりました。科目は算数!行こうと思ったきっかけは何?無料体験の時期や実際に体験した内容をご紹介したいと思います。長男は「公文いくもん♪」でした。

 

お父さん、公文が無料体験しているよ?

ちょっと、体験させてみたら?

 

皆さん、こんにちには。

「はな子育て頑張ってます!」のはなです。

皆さんはお子さんに何かさせようとお考えですか?

私も長男が3歳の頃から習い事について主人と話し合ったことがあります。

結局、その時はお家で治まりましたが、塾の体験をさせるのも一つの手ですよね。

 

でも、体験を利用したら勧誘とかありそう。

確かに、それは嫌ですよね(^▽^;)

そこで、今回は公文の無料体験のお話。

✅:公文の無料体験時期

✅:体験の実際の内容

✅:体験の断り方

をベースにご紹介。

実際に算数の体験をした内容をご紹介しますので、イメージしやすいですよ(´艸`*)

あれ?でも、そもそものきっかけは・・・?

スポンサーリンク

公文:塾の無料体験に行った話

【公文】長男5歳、塾の無料体験に行った話。科目は算数!体験の時期や内容をご紹介。

公文の無料体験は 2月と5月と11月。

合間に夏期講習などもありますが、それは費用が掛かります。

長男が4歳児の時に無料体験に行かせようと狙っていましたが、11月はまだ早いかなと思って、2月に行かせてみました。

ただいま夏の特別学習期間中ですよ(^_^)v

期間は7月22日から8月31日まで。

費用は1教科=1か月分の会費になります。

利用しようと思ったきっかけは?

何故、行かせようと思ったのか。

それは、私たち親2人は勉強を教えるのが下手だから!

長男が3歳になった頃、主人と子供達の塾の話になり、ゆくゆくは塾に行かせようと話しになりました。

一番の理由は 「教え方が分からない」ですが、私にはもう一つの願いがあります。

それは勉強を楽しんでして欲しいという願い。

 

私は小学生の頃、とにかく 勉強が嫌いでした。

学校で授業を聞いても、意味が分からず、小テストなども殆ど点数が悪い。

かといって塾には行っていませんでした。

当時の小学生で行く子供は中学受験をする子くらい。

私は唯一英語だけ行っていましたが、それも兄が卒業と同時に辞めました。

 

なので、 授業についていけず、面白くない。

そもそも、勉強する意味を理解していなかった。

「じゃあ、習っていた英語は得意か」って?

いや、苦手という;(塾に行っても一緒だったかも?)

そういう理由から

  • 子供達には勉強を好きになって欲しい。
  • 勉強が楽しいと思って欲しい。

そう思うようになりました。

なのでちょくちょく家でワークを一緒にしていたんです。

まず、ひらがなですが、これは苦労せずクー(長男)は『ひらがな読み』や『カタカナ読み』はスムーズに覚えました。

ポイント

☆:自分で気になる文字をみて覚える。

☆:ひらがな表を見て絵と一緒に文字を覚えた感じです。

書くのは保育園でもしてくれるので、まぁ~いいだろう。

ところが、4歳から算数のワークを買ってさせていますが、 全然しない!

そして、いざ教えようにも、どうすれば?

足し算とか無理!

パパに任せたところ、パパの方が下手!(゚д゚)!

そんな切っ掛けで公文の体験をしようとなりました。

公文の無料体験の時期

【公文】長男5歳、塾の無料体験に行った話。科目は算数!体験の時期や内容をご紹介。

私の地域では2月、5月、11月になると、ポストにチラシが入っていました。

私の場合はご近所さんが行っていたので、無料体験が実施されたら連絡をしてくれるようにお願いしていました(^^)

体験は4回できます。

一回ではないんですよ(´艸`*)

それも無料!

申し込み方法は?

では、申し込み方法を下記でご紹介しますね。

1:ホームページで教室探し

公文の公式ホームページから自宅に近い教室を探したり、自分の条件に合った教室を探します。

教室が決まったらポチッと押してみて下さい。

教室の詳細が分かりますよ。

:開催曜日
:開催時間
:対象年齢

が、書かれています。

2:自分の情報を入力

教室が見つかったら、 予約をします。

予約ボタンから、自分の名前や住所等を入力します。

3:日程を決める

後日、教室の先生から電話かメールで連絡が来ます。

希望日をお伝えし、OKとなったらその日に参加するという流れになります。

日が決まるとドキドキですよね♥

私は前もって長男に行くことを伝えて、拒否をされないように、楽しい所だというのをアピールしていました(^^;)

 

公文:算数の無料体験の内容

【公文】長男5歳、塾の無料体験に行った話。科目は算数!体験の時期や内容をご紹介。

私の場合は、教室の先生のアドバイスで 見学にどうぞと言われて、行きました。

私たちが訪れると、ちょうどBaby KUMONをしている時で、小さなお子さんが楽しくしていましたよ。

はなのちょこっとメモ
ちなみに Baby KUMONは0歳から通えます!

 

長男も一緒に参加し、カードに書いている絵を当てたり、ひらがなを読んだり、数字を言ったり、歌をみんなで歌ったり、1、2歳から習っても良かったかな?

と、思えるほど楽しそうでした。

見学でも、実際の学習の仕方をしてカードで数字を読んだりしました。

【実際に使ったカード】

【公文】長男5歳、塾の無料体験に行った話。科目は算数!体験の時期や内容をご紹介。

当日は 先生とワンツーマンで学習に取り組みます。

聞くと、お子さんが慣れるまでは一緒にしてくれるそうです(*^-^*)

長男は算数なので、数字カードを読んだり、ずんずんをしたりと簡単なことからスタートです。

参考✐

★:数字カードは2種類。
・1~200の数字を 何分まで読めるかというカード
・先ほど 画像でご紹介したカードになります。

★:「ずんずん」は線を引くワークになります。

 

これは実際に入会した時の同じ内容です。

さて、前の方で言いましたが、 無料体験は4回です。

これ、どういう意味かお分かりですか??

なんと、入会した時と同じように宿題もでるんですよ( ゚Д゚)

ポイント

1:体験だから特別な内容というわけではなく、実際に公文に入るとこんな感じだよっていうのが分かる。

 

2:お子さんが宿題を出されてどのように取り組むかというのが分かりますよね。

もちろん!お母さんの頑張りも必要ですよ(^▽^;)

無料体験は4回、算数の内容は

【1】:1~200までの数字カードで数字を読む
【2】:先ほどの画像のカードで○の数を瞬時に当てる
【3】:ずんずんで線を引く

 

でも、無料体験を4回もしたら、勧誘がすごいんじゃない?

確かに心配ですよね?私の場合は通うこと前提だったというのもありますが、強要という感じは受け取りませんでしたよ。

それでも、断りずらいな~。

塾の体験:断り方

【公文】長男5歳、塾の無料体験に行った話。科目は算数!体験の時期や内容をご紹介。

公文だけでなく他の塾体験をした時にでも、 お子さんに合っていなかったという場合もありますよね。

それ以外にも「教室の雰囲気が合わない。」「先生との相性が合わなさそう」など、入会を断りたいと思うことはあります。

そこで、その場合の断り方をご紹介したいと思います。

一般的な場合をご紹介しますね( ..)φメモメモ

塾の入会の一般的な断り方

断る時に 曖昧な態度を取らないことが重要です。

きっぱりとした物言いで「しない」ことを伝えて下さいね。

断り方は下記の通り。

ポイント

「他の塾で決まりました。」とお伝えすると、体験した塾も勧誘し辛いですよね。

塾体験をするということは、お子さんをどこかの塾に通わせたいということです。

体験した塾もそれは分かっていることなので、すんなりと納得してくれますよ。

私の場合は最初から公文と決めていましたが、長男に合っていなかったらこう応えていました。

はなのちょこっとアドバイス!
「子供と相談した結果、長男にはまだ早いようです。せっかくよくして頂いたのに申し訳ございませんが、今回は辞退します。」と伝えていました。

 

もしくは「他の教室も見学したいので一旦保留でお願いします」と伝えます。

たまたま長男に合っていたから良かったですが、公文の教室は他にもあります、他の教室と比べて再度、お断りするという形になってたかもしれません(´・ω・`)

もしくは公文以外の塾の検討もしたでしょうね(´・ω・`)

幸いにも長男には合っていたので、体験からそのまま入会という形になりました(´艸`*)

 

公文の無料体験:まとめ

【公文】長男5歳、塾の無料体験に行った話。科目は算数!体験の時期や内容をご紹介。

今回は無料体験のお話しでした。

公文の入会後のお話しは下記を見てみて下さいね★

体験に行かせたいと思っている方は、塾に通わせたいと思っている方が多いと思います。

今回、公文の無料体験を通して思ったことは、入会しても先生の態度は変わらなかったこと。

それは、私の入った教室が良かったからかもしれませんが(^▽^;)

中には入会させるために強引な場合もあると思います。(公文に限らず)

そういう場合は、きっぱりとした態度で大丈夫です。

公文の無料体験のおさらいは下記の通りです。

公文の無料体験時期と内容

★:公文の無料体験は2月、5月、11月
★:内容は科目によって違うが、実際に入会した時と同じ学習方法。
★:宿題もでる
★:最初は先生と1対1で学習できる。

長男はその後も公文に通いました。

入会したから1対1はなくなるということではなく、慣れるまでは先生と一緒なので安心でしたよ。

公文の無料体験の申し込み方法

1:ホームページで教室探し
2:情報を入力し後日連絡がくる
3:教室の先生と日程を決める

日程を決めるまで、スムーズに連絡が取れました。

入会の断り方

・きっぱりと断る。
・他の教室で決まったら、その旨を伝える。

 

曖昧な態度をとらないことが大事ですね。

「考えさせて下さい」や「検討します」は断るなら使うことはお勧めしませんよ★

体験のお話しは日記にも書いていますので、参考にどうぞ(´艸`*)

長男は公文をどう言っているかな?

 

入会した時の会費等についてはこちらの記事を参考にどうぞ☆

スポンサーリンク

その他, クー(長男)の子育て

Posted by hanacoomyu