年齢別男の子の育て方/4歳は我慢と父親がポイントに

その他, 未分類, 育児

スポンサーリンク

ランキング参加中★応援よろしくお願いいたします。

年齢別男の子の育て方。4歳は我慢と父親がポイントだよ。

子供が4歳ともなると子育てもだいぶ落ち着いてくる頃ですね?しかし、我がままになる時期でもあります。4歳の男の子にはどんな育て方がいいのでしょうか?育児書を元にポイントをご紹介。4歳は我慢を覚えさせよう!!

 

おやつ買って!

いっぱいあるから、今度ね?

いやだ!買うの!!

困ったな~。

 

皆さん、こんにちは。

「はな子育て頑張ってます!」のはなです。

皆さんも冒頭のような会話をお子さんと繰り広げていませんか(^▽^;)

スーパーなどで子供が我がままを言うと、焦って根負けけしそうになりますよね。

しかし、4歳の子供には我慢を育てることが大事。

今回は竹内エリカさん著書 『男の子の一生を決める0歳から6歳までの育て方』を参考に4歳の男の子の子育てをご紹介します。

✅:我慢をさせるやり方
✅:自分で乗り越えられる力のつけ方

についてお伝えしたいと思います。

4歳はパパさんの頑張りどころでもあります!

お子さんと触れ合ってくださいね。

スポンサーリンク

お父さんの関わりが我慢を育てる

年齢別男の子の育て方。4歳は我慢と父親がポイントだよ。

4歳にとって一番大事な人物はお母さんではなくお父さん!

お父さんとの関わりがいっぱいあると、子供は我慢を覚えるんですよ★

ポイント

竹内エリカさんの著書にはお父さんの育児参加が多い家庭の男の子は 困難にも打ち勝つ力が身につくと書かれています。

それは女性と男性の考え方の違いにあります。

男性は結果を重視し、女性は目的地の過程も重視します。

つまり、男性は目的地に着ければ何でもいい。方向さえ合っていれば目的地に着くだろうという精神。

確かに我が家でもあります。私は地図を見て、地図通りに行きたい。でも主人は地図を見るといっても、場所を確認するだけ。

「あっちやな」と、道も確認せずにサッサと行ってしまうんですよ(^▽^;)

その結果、無駄に歩くと言うこともあります(笑)

しかし、その考えは子供にとっていい経験を与えてくれるのです。

道中、疲れてもママは「頑張れ。あとちょっと」と言いがちですが、パパは違います。

目的地に着きさえすればいいので「じゃあ、休憩するか」となります。

ポイント

お父さんとお母さんでは子育てのやり方が違うことが窺えますよね。

その違いは子供にいい影響を与えてくれます。

お父さんの関わりで、男の子は逞しく成長するかもしれませんよ(´艸`*)

たまには男同士、冒険に出かけてみてはどうでしょうか?すると、我慢できる子供に成長できますよ。

しかし、ずっとパパに任せられませんよね。やはり世間は女性の方がお子さんとの関わりが多いですしね。

パパの関わり以外にも我慢の仕方はあるのでしょうか。

下記でご紹介していきますね。

4歳の男の子:我慢は子供に屈しないこと

年齢別男の子の育て方。4歳は我慢と父親がポイントだよ。

お父さんの子育て参加で男の子は逞しく育つことが分かりました。
そして我慢ができる子供になるということですが、普段のお母さんの子供との関わりはどうすればいいのでしょうか?

それは「屈しないこと」です。

私の長男が4歳の時、ほんと我儘でした。

自分が言ったことは絶対曲げない性分もあり、なかなか説得に苦労したり、根負けしそうになることが何度もありました。

でも、子供に我慢をさせようと思えば『子供に屈しない』ことが大切です。何故なら子供も学習をするから。

一度、根負けすると子供は覚えます。「泣き続けたら、おやつが買える」ってね(;´・ω・)

一度覚えてしまったら、ますます一筋縄ではいかなくなりますよね。

 

子供は経験をもとに成功方法を学習しているんだよ ( ̄ー ̄)

 

お母さんが言いがちなのが「今日だけね」ですよね。

これは、絶対言わないように気を付けて下さいね(´・ω・`)

ではどのように我慢をさせたらいいのか?

ポイントは「待てる子にすること」です。

4歳の男の子:待てる子にするためには

年齢別男の子の育て方。4歳は我慢と父親がポイントだよ。

我慢する子を育てるには「子供に屈することなく、待てる子にする」ということが大事。

4歳の男の子は言葉も理解し何でも話すようになります。そうすると、我儘も言うことが多々出てきますよね。

子供が我儘を言えるということは、親子関係もいい証拠だと安心しそうですが、ちょっと待ってくださいね。

我儘ばかりを通していると、我慢ができない子供になります。

ではどのように我慢をさせればいいのか。

それは「いいよ」と言うこと。

 

え?!いいよ??それって我儘をきいていることにならないの?

ふふ。ちょっと意味が違うんですよ。詳しく説明しますね。

 

確かに「いいよ」と言えば、 我儘に対して心が折れてしまったように捉えられそうですが、ちょっと意味が違うんですよ。

ポイント

「いいよ」と言った後に「○○したらね」とか「ママのこれが終わったらね」とか、子供が少し待てる程度の時間を付け足すこと。

「ダメなバージョン」と「良いバージョン」に分けて例文をご紹介しますので、参考にして見て下さい。

外でもう帰りたいけど「ブランコに乗りたい。」と言われたら

×:「ダメ。時間がないから帰るよ。」
○:『いいよ。あと1回ね』

スーパーでおやつが欲しいと言われたら

×:「ダメ、いっぱいあるでしょ」
○:「いいよ。日曜日に買おうね」

「ママ、できた!見て~」と言われたら

×:「忙しいから後でね。」
○:「いいよ。5分したらね。」

「おもちゃ買って」と言われても

×:「ダメに決まってるでしょ」
○:「いいよ。誕生日にね」

 

いかがでしょうか。

わりと簡単ですよね。

ダメと言ってしまうと子供ってムキになってさらに癇癪を起こしませんか?でも「いいよ」と言えば肯定的な言葉なので、子供も「いいんだ」ってなりますよね。

ポイント

最初は短い間隔で。慣れてきたら待てる時間を伸ばして行こう(^O^)/

伸ばすことが出来たら、今度は ルールを決めるのはどうでしょう。

おやつは毎週日曜日に買うとかね(´艸`*)

これは私も今、実践中でおやつは無くなったら買うのではなく、保育園のお休みの時に買うようにしています。

ポイント

ルールも子供と一緒に決めることが大切になります。

自分が決めたルールは守ろうとします。きちんとルールが守れたら、子供に「約束が守れたね。お母さん嬉しいわ。」と できたことを認めてあげてくださいね(´艸`*)

4歳の男の子:乗り切る力をみにつける方法

年齢別男の子の育て方。4歳は我慢と父親がポイントだよ。

4歳の男の子の我慢の育て方は子供に屈しないこと、「いいよ」と言ってから待てる程度の時間を言葉で付け足すでした。

今度は自分の子供に乗り切る力を身に着ける方法をご紹介します。

男の子は欲求不満になると感情に任せて態度に表してきます。

どうすれば欲求が満たされたり解消できるのかわからないからです。

そういう場合はどうすればいいか 会話の中で因果関係を教えてみよう!

「疲れた!しんどい!」と言う子供には「疲れたなら、休もうね」と言ってみてね?

子供は「疲れた」⇒「休めば欲求が解消される」と理解できますよね。

「疲れたからおんぶ」ではないんですよね。

今までは疲れたらおんぶだったかもしれません。

だけど、4歳。

いつまでもおんぶに抱っこはいけませんよね。

しばらく休んだら自分から「行く」となりますよ(´艸`*)

「暑い!暑い!」と泣く子には「暑いから、服を一枚脱ごうか」と言います。

このように 『こういう時は”こうしよう”』と提案してみて下さいね。

意外とこれは皆さん会話の中で使いませんよね(゚Д゚)

私も使ってなかった(;´・ω・)

長男の時は実践してないや(゚Д゚;)

次男に実践してみよう( *´艸`)←結果はまたご報告しますね。

ポイント

因果関係が理解できれば、自分で乗り越えられる力に繋がる。

ママたちのちょっとした手助けや提案がそれに繋がるんですね。

 

お母さん、しんどい。

しんどいから、休もうか。

解決策を教えてね。

4歳の男の子の育て方

年齢別男の子の育て方。4歳は我慢と父親がポイントだよ。

4歳の男の子の育て方のポイントは下記の通りです。

★:4歳の男の子には 我慢を育てることが大切。
★:我慢を育てるにはまず「待つ」ことをさせる。
★:そして、 解決策を教えてあげること。

 

そうすれば、人のせいにしたりせず、 自分の力で乗り切る術をみにつけられる。

もう一つ大事なのは

パパとの関わりが、困難に打ち勝つ力をつけられるということ。

パパといっぱい経験をさせて、たくましい男の子に育てましょう(^O^)/

竹内エリカさんの著書は分かりやすくていいですよ♪私のお勧めの育児本になります。

 

スポンサーリンク

その他, 未分類, 育児

Posted by hanacoomyu