3歳女の子にイライラ…原因や対処法は?男の子の違いも

3歳女の子にイライラ...原因や対処法は?男の子の違いも 子育ての悩み

子供のイヤイヤ期が終わり、ホッとしていたのにも関わらず、反抗期なのか、思うようにいかずイライラしてしまうことはありませんか?

この反抗する様子を見ていると、何が原因で起こっているのか対処法はないかと思ってしまいます。

そこで今回は、3歳の女の子に内容を絞り、イライラする原因などを詳細にご紹介していきます。

はな(管理人)
はな(管理人)

男の子の違いについても調べてみました。

スポンサーリンク

3歳女の子にイライラする原因や対処法

3歳女の子にイライラ...原因や対処法は?男の子の違いも

成長自体は嬉しいですが、発達とともにできることが多くなってきて、イライラすることも増えてきたのではないでしょうか?

そこで、根本的にイライラする原因は何なのか、詳しくご紹介いたします。

親の言うことを聞かなくなる

親が子供に、どうしても聞かせなければならないことは毎日出てきます。

「ご飯を食べなさい」

「あっちにいっちゃダメ」

「モノを投げないで」

など並べたら、キリがありません。

ちょっと前までは言うことを聞いたのに、今は全く聞いてくれなくて苦労している方も多いのではないでしょうか。

実は3歳頃になると、成長の過程で自己主張をしっかり示すようになります。

結果、親と子供との意見が別れ、親が苦労する原因となっているんです。

加えて、3歳にもなると体も大きく成長し、力負けすることも出てきます。

ダダをこねたら最後、力づくで対処し余計疲れるなんてことも、あるのではないでしょうか?

パパやママの真似をする

女の子は特に、ママの真似を良くするようになってきます。

最初は成長の過程で、可愛いなぁ…なんて笑っていたのにも関わらず、気づけば勝手に化粧品は開封され無惨なことに…。

自身の洋服はグチャグチャに…なんて経験をされた方もいるかもしれません。

もう一つ大変なのは、洋服選びに時間がかかる場合があることです。

3歳でも女の子によっては、女子力満載の子もいます。

そうなれば、自己主張と相まって

「あの洋服はいや」

「この洋服がいい」

「昨日着た服が似合う」

など、スタイリストさん顔負けのセリフでなかなかお着替えが進まない…なんてこともあるようです(;^ω^)

はな(管理人)
はな(管理人)

テレビで見るモデルさんに憧れるのは、大人でもあることなので、少し気持ちが分かるような気もします。

口が達者になる

男の子と比べ、女の子はお喋りが早い子が多い傾向にあるんです。

これは、男女の脳の成長に違いがあり、女の子のほうが言語発達の点で、成長が早いからといわれています。

3歳になると、どこで聞いて覚えたのか、ポンポンと大人顔負けの言葉を使うようになります。

結果、口喧嘩もできるようになり、「あーいえばこういう」の構図が出来上がってしまいます。

どれも成長過程で嬉しい反面、言うことを聞かないというだけで、日々のストレスもあり親は怒りがちになります。

こうしたことは、ただ怒るのではなく、子供に何故ダメなのか説明をすることが大事と言われています。

 

3歳女の子が自己主張が激しいのは成長の証拠?

3歳を迎えると、多くの子供は運動能力を身につけ、言葉を喋るようになります。

その成長の一つが自己主張です。

女の子は特に、言葉でコミュニケーションをすることを大事にしており、言葉での自己主張は成長の証といっても良いと思います。

しかし、3歳児で言葉が話せるようになっても、感情のコントロールは上手く行きません。

覚えた言葉でなんとか伝えようとするも伝わらず、怒ったり泣いたりするのですが、それでも親が理解できないと、手に負えない状況になってしまいます。

実際に、この自己主張の強さから、「イヤイヤ期の方がマシだった。」と、言う人もいます。

しかし、自己主張し自分で意見を言うのは、自立していくための一歩でもあります。

子供は、いつか大人になり親元から巣立っていきます。

自分の子供が、社会に出て自己主張せずに流されながら生きていくのは、親としては見てられないものではないでしょうか。

はな(管理人)
はな(管理人)

毎日大変な育児で見失ってしまいがちですが、大人になる一歩だと思い直すことも親として大事なことなのかもしれませんね。

改めて、イライラした時の対処法をまとめると、

・根気よく子供が言いたいことを聞く
・成長の一環として冷静になる

となりますが、その他にも、「同じ女の子のママ友に相談する」のもいいかもしれません。

同じ女の子を持つ親として共感できる部分はたくさんあります。

共感してもらうことで、「自分だけではないんだ」と思うことができるので、つらいことも乗り切ることができます。

そして女の子、男の子に限らず、子育てに限界が来たときは、パートナーや子供に対しての祖父母に任せてリフレッシュすることも大切です。

 

3歳女の子にイライラ…男の子との違いは?

3歳女の子にイライラ...原因や対処法は?男の子の違いも

ママ同士で集まると、ある話題になることがあります。

「うちの子男の子だから大変」

「うちは女の子だからおませさんで…」

よく聞くような、会話の風景ですが、果たして3歳児でどのような男女差があるのでしょうか。

3歳児の女の子の特徴

3歳児の女の子は、男の子と比べ、下記のような特徴があります。

・喋るのが早い
・親(大人)のマネをしたがる
・手先が器用
・表情を読み取る力が高い

女の子は非常に繊細で、表情や感情を読み取る力が高いとも言われています。

なので、親からの一言であったり表情などから、自身の感情が揺さぶられてしまいます。

とある研究の発表によると、女の子は否定や失敗をすると、自分が持って生まれたものを恨んでしまうとのことです。
はな(管理人)
はな(管理人)

「自分なんて…いなくてもいい…」なんて思わせないためにも、怒るときや普段の生活から、親は心がける必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は3歳の女の子のイライラする内容について、下記のようにご紹介しました。

・親の真似をしたがる時期
・口達者で喧嘩になることも
・反抗では無く自己主張の現れ
・男の子と比べ喋り始めが早い

子供に反抗されたりすると、辛いこともありますが成長の一環として受け止められる、そんな余裕を持てるようになりたいですよね。

一人で考え込まず、両親やカウンセラーに相談することも選択肢の1つです。

今は辛いかもしれませんが、かならず終わりが来ます。

子供の笑顔のために、精一杯できることをしてあげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました