【改正児童虐待防止法】はいつからで線引きの具体例に驚愕!!今後の叱り方はどうすれば?

【改正児童虐待防止法】はいつからで線引きの具体例に驚愕!!今後の叱り方はどうすれば? 子育ての悩み

これまで、虐待で幼い命を救えなかった事件がいくつかありました。

そこで、政府が打ち出した施策が「改正児童虐待防止法」です。

子育てをしているママさんやパパさんにとって、どこからが「虐待」になるのか分からない人もいるのではないでしょうか。

そこで、今回は

・改正虐待防止法はいつから
・改正虐待防止法の線引き
・しつけと体罰の違いや体罰の具体例
・子育ての叱り方の本

など、子育て世代に役立つ情報をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【改正児童虐待防止法」はいつからで線引きの具体例

改正児童虐待防止法が2020年4月から施行されています。

子供の親としては、気になる内容ですが、具体的にはどのようなことが虐待になるのでしょうか。

しつけと体罰の違い

しつけとは、

・子供の人格や才能などを伸ばす
・社会で自律した生活を送れるようにする
・子供をサポートしながら社会性を育む

つまり、子供の年齢に合った教育やサポートをしていくことです。

 

一方、体罰とは、

・しつけと称して子供に身体的苦痛を与える
・子供に不快感を引き起こす罰と言う名の行為

上記のようなことをいいます。

 

体罰は法律で禁止されていますが、2020年4月からはより厳しくなります。

ただし、体罰をしても親が逮捕されてしまうと、収入が途絶える・子供の生活面、将来性に影響があることから、罰則をあたえない場合もあるとのこと。

では、どういったものを虐待というのでしょうか。

虐待の定義は以下の4つです。

①:身体的
②:性的
③:ネグレクト
④:心理的

具体例を「厚生労働省のPDF」からピックアップしてみると、以下の通りです。

意外と皆さんがやっている行為ではないでしょうか。

①:口で言っても(3回)聞かないので、頬を叩く
②:大切なものにイタズラしたので、長時間正座
③:友達に殴ってケガをさせたから、子供を殴って友達と同じ痛みを与える
④:他人のものを盗ったので、おしりを叩く
⑤:宿題をしないので、夕飯をあたえない

 

いかにも、やりがちな行為ですよね(^^;)

さらに、体罰は暴力を振るうだけではありません。

①:ネグレクト(育児放棄)
②:子供の前で配偶者に暴力を振るう
③:著しい暴言を吐いたり、拒絶するような態度を取る
④:怒鳴りつける
⑤:子供の心を傷つける暴言

など、子供の成長を精神的に妨げる要因になる行為は禁止されています。

 

具体的には子供に対して「生まれて来なければよかった」や「兄弟を引き合いにダメ出しをする行為」です。

これらは、子供の心を傷つけてしまうというより、人格そのものを否定してしまう行為です。

正直、これらを見てビックリしてしまいました。

人格を否定する行為はもちろん納得でいますが、子供が本当に悪いことをした時は、軽くですが頬を叩くこともありませんか?

実際、子供のころに私もされたことがあります。

さらに、家を追い出されたこともあります。

はな(管理人)
はな(管理人)

しかし、私は本当にイケナイことをしてしまったんだと、すごく反省したのを覚えています。

 

それはやはり、私がとても悪いことをしてしまったからです。

そして、女性は月経前症候群という物があり、精神的にイライラしてしまうこともあります。

私は暴言を吐いてしまうこともあり、悩んだ末病院受診をしたこともあります。

このような状態で、虐待をせずにどうやって子供を躾けていけばいいのでしょうか。

そこで、子供の叱り方について参考になる本をご紹介します。

【改正児童虐待防止法】今後の子供の叱り方は?おすすめ本

子どもが育つ魔法の言葉
子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)

子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)

ドロシー・ロー ノルト, レイチャル ハリス
596円(07/29 17:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

Amazonでは試し読みもできる「子どもが育つ魔法の言葉」は、日本で120万部を超えるベストセラーとなっています。

この本を読んだ人の意見には、自分には無理と思う人もいたようですが、子供にしてしまった行為に反省する人も多くありました。

はな(管理人)
はな(管理人)

子供に怒るたびに落ち込んでしまう人におすすめの本です。

どのように言葉で言えばいいのか、考え方も載っています。

NHK Eテレ すくすく子育て 愛情が伝わる!叱り方ほめ方
NHK Eテレ すくすく子育て 愛情が伝わる!叱り方ほめ方

NHK Eテレ すくすく子育て 愛情が伝わる!叱り方ほめ方

1,430円(07/29 17:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

1日中子供のことを叱ったり、何を言っても分かってくれない子供、自分の子供なのにイライラしてしまう。

そんな、パパさんやママさんの悩みを解決してくれる本です。

買った人からは、数人の先生が教えてくれるのでとてもいいと感じた。
1つの正解を決めつけるのではなく、色んな先生の意見がのっているのは良いと思う。

という、評価があります。

子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」
子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」

子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」

石田 勝紀
1,650円(07/29 17:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

目の前の出来事の中に問題の原因を探すのではなく、5つの原則に注目して、解決策を導き出す本です。

買った人の中には、客観的な視点から教えてくれるので、問題の本質が良く分かったという人もいました。

まとめ

躾と怒るは全然違う意味になります。

躾けるということは、どうしてそうなるのかということを子供に教え諭すことです。

怒りとは感情から来るものなので、子供に怒鳴ってもどうして怒られているか分からない場合もあります。

さらに、親が怒ることで、子供の言い分を聞いていないとなると、子供にも不満が出てきます。

そうすると、お互いにヒートアップしてしまう。

そうなると、子供を傷つけるような言葉も言ってしまいがち…。

改正虐待防止法は子供の命を守ると同時に、子供の自己肯定感や自尊心を守るためにも必要なことなのかもしれません。

 

タイトルとURLをコピーしました